マイベストプロ広島
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ広島
  3. 広島の法律関連
  4. 広島の遺産相続
  5. 山下江
  6. コラム一覧
  7. 「不倫をして一方的に自宅を出て行った妻は夫に対し生活費(婚姻費用)を請求できるのか」
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう) / 弁護士

弁護士法人山下江法律事務所

コラム

「不倫をして一方的に自宅を出て行った妻は夫に対し生活費(婚姻費用)を請求できるのか」

2017年10月13日 公開 / 2020年11月26日更新

テーマ:弁護士コラム/離婚・男女トラブル

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 不倫 慰謝料

弁護士コラムvol.160「不倫をして一方的に自宅を出て行った妻は、夫に対し、生活費(婚姻費用)を請求できるのか」


山下江法律事務所 弁護士 久井春樹
1 夫婦は、自身の収入等に見合った生活を家族にさせないといけないという義務を負います。これは、法律上、「生活保持義務」と呼ばれています。
 こうした義務を負っているため、例えば、夫婦が不仲で別居することになったような場合、別居した妻が無収入であれば、夫は自身と同じ生活を保持させるため、妻に生活費を支払わなければなりません。この生活費は、法律上、「婚姻費用」と呼ばれています。
 原則、離婚が成立しない限り、この義務を免れることは出来ません。
  
2 では、例えば、専業主婦の妻が不倫をし、不倫相手の家に転がり込んで別居することになったような場合にも、夫は、妻に対して婚姻費用を支払わなければならないのでしょうか。
 この問題について、実は実務においてはっきりとした見解は定着していないのですが、平成28年3月17日に大阪高等裁判所は、別居したこと等の主な責任が婚姻費用を請求する側にある場合、婚姻費用の請求は認められないとの趣旨の判断を下しました(ただし、妻が子を連れて出て行った場合、免れることが出来るのは妻の生活費部分だけで、子の生活費は支払わなければなりません。妻の不倫は、子には関係ないためです。)。こうした結論に至った理由をざっくりと言ってしまえば、このような請求がまかり通るのは理不尽だからです(法的には、「信義則に反して許されない」などと表現されます。)。
 この判断に従えば、上記で例示したようなケースにおいて妻が、夫に対して婚姻費用を請求することは認められないでしょう。

3 上記のような結論は一般の方の感覚からすれば至極当然のように思われるかもしれません。しかし、実務で、上記大阪高等裁判所が示したような判断が定着するのか明確でないところもあり、当然のように上記結論を導けるわけではありませんので、注意が必要です。
 このような状況に陥ってしまった場合は、弁護士に相談することをお勧めいたします。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 久井 春樹   (広島弁護士会所属)

弁護士 久井 春樹のプロフィール

■山下江法律事務所HP「離婚・男女トラブルでお悩みの方へ」

■弁護士コラムバックナンバー【離婚・男女トラブル】
・vol.159 「不貞行為とは」 城 昌志 2017.9.15
・vol.144 「離婚した場合の自分や子どもの名字・戸籍について」 城 昌志 2017.2.17
・vol.129 「養育費を支払ってほしい」 齋村 美由紀 2016.7.22
・vol.120 「離婚の裁判とは?」 青山 慶子 2016.3.4
・vol.119 「浮気をした交際相手に慰謝料請求できるか」 久井 春樹 2016.2.19
・vol.118 「有責配偶者からの離婚請求」 新名内 沙織 2016.2.5
・vol.115 「女性の再婚禁止期間」 城 昌志 2015.12.25
・vol.114 「子どもの引渡しについて」 齋村 美由紀 2015.12.11
・vol.110 「養育費算定表」 稲垣 洋之 2015.10.16
・vol.109 「別居,離婚後も子どもに会うためには(面会交流)」 柴橋 修 2015.10.2
・vol.107 「離婚後の手続き」 青山 慶子 2015.9.4
・vol.102 「不倫の慰謝料と養育費」 蔦尾 健太郎 2015.6.26
・vol.94 「夫婦別姓と女性の再婚禁止期間について」 田中 伸 2015.3.6
・vol.91 「離婚と在留資格」 新名内 沙織 2015.1.23
・vol.85 「離婚後の親権者死亡」 加藤 泰 2014.10.31
・vol.72 「養育費を支払ってくれない」 齋村 美由紀 2014.4.18
・vol.60 「離婚事件に思うこと」 蔦尾健太郎 2013.10.11
・vol.55 「養育費の支払を減額したいのですが」 山口卓 2013.8.2
・vol.51 「離婚した妻が子どもに会わせてくれなかったら・・・」 久井春樹 2013.6.7
・vol.32 「離婚の届出と離婚後の親子の氏について」 榎本紀子  2012.8.31
・vol.30 「離婚相談でよく聞かれる質問ベスト3」 山本靖子 2012.8.3
・vol.23 「離婚時の年金分割」 松浦亮介 2012.4.27
・vol.14 「離婚で悩んでいるけれど…」 山本靖子 2011.12.16
・vol.7 「離婚に伴う養育費の問題」 片島由賀 2011.9.9 
・vol.4 「不貞行為と離婚理由」 山口卓 2011.7.29

弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(弁護士法人山下江法律事務所)

Share

関連するコラム

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・個人、企業すべての方を対象に初回相談無料!
・法律相談は完全予約制で行っております。
・面談形式の他、電話相談、オンライン相談に対応しております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

弁護士法人山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス

山下江のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2020-11-22
rss
ブログ
2020-11-28
facebook
Facebook