マイベストプロ広島
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ広島
  3. 広島の法律関連
  4. 広島の遺産相続
  5. 山下江
  6. コラム一覧
  7. 弁護士コラムvol.148 「自分の土地に知らない人が住んでいる」 小林 幹大
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう) / 弁護士

弁護士法人山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.148 「自分の土地に知らない人が住んでいる」 小林 幹大

2017年4月14日 公開 / 2021年3月3日更新

テーマ:弁護士コラム/不動産

コラムカテゴリ:法律関連

自分の土地に知らない人が住んでいる

山下江法律事務所 弁護士 小林幹大

 自分の土地に勝手に知らない人が住んでいる、と聞くと、そんなことがあるはずがないと思われるかもしれません。しかし日本では、亡くなられた方の相続の処理がされずに長い時間が経過して、何が誰の物なのかがよく分からなくなっていることは、往々にしてあります。税金などの請求や、土地の隣人からの苦情、その土地を買いたい人からの連絡などによって、自分が相続していたことに気づき、現地を確認してみたら、誰かが住んでいるということが判明するのです。
そのようなときにはどうすればよいのでしょうか。
 まずは、現在住んでいるのが誰なのかをはっきりさせないといけません。
 赤の他人が住んでいるということももちろん無いとはいえませんが、個人的には面識の無い相手だったとしても、もともとその土地の持ち主だった父や祖父の知り合いであったり、その相続人など、何らかのつながりがあるのが通常でしょう。
そうであれば、なぜそこに住んでいるのかを確認して、土地自体を買い取ってもらう、退去してもらう、賃料をもらうなど、話し合いで解決できる可能性もあります。
しかし、相手がそもそも赤の他人だったり、話し合いでの解決を拒否することも考えられます。
 そのようなときには、裁判によって、自分の土地から出て行くよう求めていくことになるわけですが、その時にまず注意しなければならないのが時効です。住んでいる相手が、自分の物だと思っていれば、他人の財産と知らないことに過失がない場合には10年、知らないことに過失がある場合には20年占有が継続すれば、その土地は相手の物になっていしまう危険があります。
 また、時効になっていなくても、自分の土地に他人が住んでいることを知ったあとも放置していたりすると、使うことを承諾したと言われてしまう危険もあります。
相続があった場合には、早めに遺産についての協議を進めることがトラブルを防止することにつながります。
 不動産トラブルや相続の協議についても、お気軽にご相談ください。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 小林 幹大  (広島弁護士会所属)

弁護士 小林 幹大のプロフィール

■山下江法律事務所HP「不動産トラブルでお悩みの方へ」

■弁護士コラムバックナンバー【不動産】
・vol.91 「借家からの立ち退きを求められた場合に」 粟井良祐 2015.1.9
・vol.54 「家賃滞納で困っています。」 稲垣洋之 2013.7.19
・vol.53 「建物を人に貸すときに注意すること」 柴橋修 2013.7.5
・vol.3 「不動産の二重譲渡と登記」 稲垣洋之 2011.7.15
・vol.2 「不動産賃貸借トラブル」 柴橋修 2011.7.1
 
弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(弁護士法人山下江法律事務所)

Share

関連するコラム

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・個人、企業すべての方を対象に初回相談無料!
・法律相談は完全予約制で行っております。
・面談形式の他、電話相談、オンライン相談に対応しております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

弁護士法人山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス

山下江のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2021-07-05
rss
ブログ
2021-07-30
facebook
Facebook