マイベストプロ広島
  1. 弁護士コラムvol.126 「遺産分割協議の解除と負担付遺贈」 山口 卓
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう) / 弁護士

弁護士法人山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.126 「遺産分割協議の解除と負担付遺贈」 山口 卓

2016年6月10日 公開 / 2020年8月6日更新

テーマ:弁護士コラム/相続・遺言

コラムカテゴリ:法律関連

遺産分割協議の解除と負担付遺贈

山下江法律事務所 弁護士 山口卓
 遺産分割協議をするにあたって,共同相続人の1人に他の共同相続人に対して債務を負担させて,その代わりに法定相続分を超えた遺産を取得させる内容の遺産分割協議を成立させることがあります。例えば,父の死亡により開始した相続において,共同相続人が母,長男,二男の3人であった場合,母を扶養することを条件として,長男が全ての遺産を取得するとの遺産分割協議を成立させた場合です。
 では遺産分割協議成立後,長男が母を扶養する債務を履行しなかったとき,母や二男は遺産分割協議をやり直すよう請求できるのでしょうか。長男には母を扶養する債務の不履行がありますので,母や長男は,債務不履行を理由として遺産分割協議を解除することが考えられます。
 この点,最高裁は,遺産分割協議が成立した場合,共同相続人の1人が他の共同相続人に対して負担した債務を履行しないときであっても,他の共同相続人は遺産分割協議を解除することはできないと判断しています。
 したがいまして,母や二男は長男の債務不履行を理由に遺産分割協議を解除して,遺産分割協議をやり直すことはできません。このような場合には,母は,長男に対して扶養義務の履行を請求していくしかありません。
 では,少し場面が変わって遺言の場合はどうでしょうか。例えば,父である遺言者が,自分の死後,母を扶養することを条件として,長男に全ての遺産を譲るとの遺言を残したような場合です(他に二男がいるとします)。
 このような受遺者(長男)に一定の行為(母の扶養)を負担させることを内容とする遺贈を負担付遺贈といい,遺言として有効です。では,長男が母の扶養義務を履行しなかったとき,どうなるでしょうか。
 負担付遺贈により,受遺者は義務を負担しますが,当該義務の履行・不履行は遺贈の条件とはなりません。よって,長男が母の扶養義務を履行しないからといって,遺贈が無効になるというわけではありません。
 しかし,相続人は,受遺者が負担した義務を履行しない場合,相当の期間を定めて負担の履行を催告し,それでも履行しないときには,遺言の取消を家庭裁判所に請求することができるとされています(民法1027条)。したがいまして,母や二男は,最終的には遺言の取消を請求することができます。

 相続問題について,お悩みや疑問がある方は,当事務所にご相談ください。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 山口 卓 (広島弁護士会所属)

弁護士 山口 卓のプロフィール

■相続専門サイト「遺産分割でお困りの方

■弁護士コラムバックナンバー【相続】
・vol.125 「遺言書を見つけたら」 稲垣洋之 2016/5/27
・vol.122 「相続における預金の取扱いについて」 宮部明典 2016/4/1
・vol.117 「遺言書を作る理由」 松浦亮介 2016/1/22
・vol.113 「夫が亡くなりました。同居している義母に出て行ってもらうことはできますか?」 加藤泰 2015/11/27
・vol.103 「嫡出推定と法律上の父子関係」 松浦亮介 2015/7/10
・vol.99 「未成年の子どもがいる方は遺言を書こう」 加藤泰 2015/5/15
・vol.96 「相続人がいない人の遺産はどうなるの?」 稲垣洋之 2015/4/3
・vol.93 「遺産分割協議と行方不明者」 青山慶子 2015/2/20
・vol.92 「亡くなった親の介護をしていた相続人は通常より多くの遺産を取得することが出来るのか」 久井春樹 2015/2/6
・vol.89 「相続税制の改正」 松浦亮介 2014/12/26
・vol.83 「遺言無効確認訴訟」 山口卓 2014/10/3
・vol.78 「成年後見制度とは何ですか?」 新名内沙織 2014/7/18
・vol.71 「これからの信託」 加藤泰 2014/4/4
・vol.70 「将来認知症等になった場合に備える任意後見契約」 笠原輔 2014/3/20 
・vol.66 「エンディングノート」 副所長 田中 伸  2014/1/24
・vol.59 「非嫡出子の相続分」 城 昌志 2013/9/27 
・vol.58 「嫡出でない子」 齋村美由紀 2013/9/13
・vol.52 「相続(その4)」 副所長 田中伸 2013.6.21
・vol.46 「相続でトラブルになりやすいケースについて」 蔦尾健太郎 2013.3.22
・vol.43 「ペットに財産を残せるか」 山本淳哲 2013.2.8 
・vol.41 「身近な人の判断能力に衰えを感じたら」 片島由賀 2013.1.11
・vol.38 「遺産分割の対象となる財産の範囲」 山口卓 2012.11.22
・vol.35 「相続(その3)」 副所長 田中伸 2012.10.12 
・vol.28 「遺産相続でもめた場合には」 城昌志 2012.7.6 
・vol.26 「遺言書の方式」 山本淳哲 2012.6.8 
・vol.19 「成年後見制度について」 山口卓 2012.3.2
・vol.16 「相続(その2)」 副所長 田中伸 2012.1.20
・vol.9 「遺産相続でもめないために」 齋村美由紀 2011.10.7
・vol.1 「相続」 副所長 田中伸 2011.6.17
 
弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(弁護士法人山下江法律事務所)

Share

関連するコラム

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・個人、企業すべての方を対象に初回相談無料!
・法律相談は完全予約制で行っております。
・面談形式の他、電話相談、オンライン相談に対応しております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

弁護士法人山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス

山下江のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2020-08-05
rss
ブログ
2020-08-10
facebook
Facebook