まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.116 「任意整理とは」 蔦尾 健太郎

弁護士コラム/過払い・債務整理・自己破産

2016年1月8日 / 2018年8月17日更新


任意整理とは

 法律事務所や司法書士事務所の広告などで,任意整理という言葉を最近耳にしたことがあるかと思います。
 それでは任意整理って具体的にはどのようなことをするのでしょうか。
消費者金融業者や信販会社などからお金を借りたり,クレジットカードでショッピングをすることが重なると,徐々に借金が膨らみ,月々の返済が徐々に苦しくなってしまうことが多々あります。
 このような状況をそのままにしておくと,最終的には多くの場合,返済ができなくなってしまいます。
 債務を解消するための最終的な手段としては,公租公課などを除いて全ての借金を原則免責してもらう自己破産手続,あるいは債務の額を圧縮する個人再生という手続があります。
 上記の手続は借金がチャラになったり,あるいは圧縮されるわけですから,債務者にとっては非常にメリットの大きい手続ではあります。
 しかし,上記2つの手続はいずれも裁判所が関与する手続きです。
 申立書を作成するに際しては,源泉徴収や給与明細,全ての預貯金口座の通帳の履歴の写し,生命保険の証券や解約返戻金額の証明書,自動車の車検証,家計収支票などなど,資産や家計の状況,債務超過に至った事情などを把握するために非常に多くの資料を裁判所から要求されます。
 このような資料の収集のために,申立に至るまで非常に多くの作業を要しますし,申立後も裁判所に出向く必要があります。
 他方で,任意整理とは,裁判所が関与することはありません。
 依頼を受けた弁護士が各業者ごとに任意に今後の支払い方法について和解をしていくのです。
 任意整理は,自己破産や個人再生のように債務そのものが減ることはない場合もあります。そのような場合でも,将来の利息や損害金をカットしてもらえる場合が多いので,うまく和解できれば残った元金のみを分割払いで返済していくことになります。
 業者と和解交渉をするにあたっては,必要な資料なども要求されることはありません。債務者にとっては最も精神的負担の少ない債務整理の手法と言えます。
 借金が増えてきて支払が苦しくなってきたと感じてきた場合には,無理に我慢して手遅れになる前に,当事務所にお気軽にご相談ください。


 執筆者:蔦尾 健太郎 (広島弁護士会所属) ※2016.12退所


■借金問題専門サイト「任意整理とは

■弁護士コラムバックナンバー【借金・自己破産】
・vol.50 「多額の借金があるけど,マンションを手放したくない・・・」 新名内沙織 2013.5.24
・vol.39 「親が借金を残して死亡したら・・・」 笠原輔 2012.12.7
・vol.33 「破産手続きの流れについて」 新名内沙織 2012.9.14
・vol.27 「借金の返済が苦しくなってしまったら…」 上土井幸始 2012.6.22

弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江

山下江(やましたこう)

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ