まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.83 「遺言無効確認訴訟」 山口卓

弁護士コラム/相続・遺言

2014年10月3日 / 2018年9月21日更新

山下江法律事務所 弁護士 山口卓

遺言無効確認訴訟

 平成26年9月29日付け中国新聞において,大阪高等裁判所が,公証人作成の遺言(「公正証書遺言(こうせいしょうしょいごん)」といいます。)が無効であると判断したとの記事が掲載されました。
 公正証書遺言とは,遺言者が遺言の内容を公証人に伝え,公証人がこれを筆記して公正証書による遺言書作成する方式の遺言です(民法969条)。公正証書遺言は,専門家である公証人が関与するから方式不備による紛争を回避できる,遺言書が公証役場に保管されるので,偽造・改ざんのおそれが少ない,といったメリットがあると言われています。
 しかしながら,上記事件においては,その公正証書遺言が無効であると判断されてしまいました。
 遺言は,民法に定める方式をみたす必要があるのですが,公正証書遺言の場合,「遺言者が遺言の趣旨を公証人に『口授(くじゅ)』すること」が一つの要件となっています。「口授」とは,遺言の内容を遺言者が公証人に直接口頭で伝えることです。
 しかし,最高裁は,遺言者が,公証人の質問に対し,言語をもって陳述することなく,たんに肯定または否定の挙動を示したにすぎないときは,「口授」があったとはいえないと判断しています。
 上記事件においても,大阪高裁は,「公証人が遺言内容を読み上げるのをうなずいて聞いていた」だけだと認定しており,おそらく,そのため「口授」があったとはいえず,公正証書遺言の方式をみたしていないから無効と判断したものと考えられます。
 遺言の作成や有効・無効の判断には専門的な判断が伴いますので,迷ったときには当事務所にご相談下さい。

 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 山口 卓 (広島弁護士会所属)

弁護士 山口卓のプロフィール

■相続問題専門サイト「遺言書を作成したい方」 

■弁護士コラムバックナンバー【相続】
・vol.71 「成年後見制度とは何ですか?」 新名内沙織 2014/7/18
・vol.71 「これからの信託」 加藤泰 2014/4/4
・vol.70 「将来認知症等になった場合に備える任意後見契約」 笠原輔 2014/3/20 
・vol.66 「エンディングノート」 副所長 田中 伸  2014/1/24
・vol.59 「非嫡出子の相続分」 城 昌志 2013/9/27 
・vol.58 「嫡出でない子」 齋村美由紀 2013/9/13
・vol.52 「相続(その4)」 副所長 田中伸 2013.6.21
・vol.46 「相続でトラブルになりやすいケースについて」 蔦尾健太郎 2013.3.22
・vol.43 「ペットに財産を残せるか」 山本淳哲 2013.2.8 
・vol.41 「身近な人の判断能力に衰えを感じたら」 片島由賀 2013.1.11
・vol.38 「遺産分割の対象となる財産の範囲」 山口卓 2012.11.22
・vol.35 「相続(その3)」 副所長 田中伸 2012.10.12 
・vol.28 「遺産相続でもめた場合には」 城昌志 2012.7.6 
・vol.26 「遺言書の方式」 山本淳哲 2012.6.8 
・vol.19 「成年後見制度について」 山口卓 2012.3.2
・vol.16 「相続(その2)」 副所長 田中伸 2012.1.20
・vol.9 「遺産相続でもめないために」 齋村美由紀 2011.10.7
・vol.1 「相続」 副所長 田中伸 2011.6.17
 
弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江

山下江(やましたこう)

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ