マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.81 「パワハラとは?」 柴橋修

2014年9月5日 公開 / 2019年3月18日更新

テーマ:弁護士コラム/いろいろ

山下江法律事務所 弁護士 柴橋修

パワハラとは?

 山下江法律事務所所属の弁護士の柴橋です。
 パワハラという言葉を聞いて,聞いたことがないという方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?
 しかし,具体的にパワハラとはなにかと聞かれると,漠然としたことは理解できるけれども,どのような場合に問題になるのか,という話になるとよく分からないという方もいらっしゃると思います。
 今回はどのような場合に違法なパワハラになるのかについてお話ししたいと思います。
 パワハラとは「パワー・ハラスメント」の略語です。実は外国語ではなく,日本のコンサルティング会社の方々が考えた造語であり,2002年頃から急速に広がった和製英語です。
 パワハラの定義ですが,職権などのパワーを背景にして,本来の業務を超えて,継続的に人権と尊厳を侵害する言動を行い,就業者の働く環境を悪化させ,あるいは雇用不安を与えることをいいます。
 それでは,会社で上司が部下を注意・指導することはパワハラになるでしょうか?
 この点,組織である以上,部下の業務に問題があれば,これを是正するために注意をするのは当たり前のことです。原則として,上司が部下を注意・指導することは当然許されるというべきです。
 しかし,注意・指導も度を超すと人格権侵害として違法となり,パワハラとして損害賠償の請求を受けることになると考えられます。
 では,どのような場合に「度を超した」として違法と評価されるのでしょうか?
 この点について,明確な基準を設けるのは難しいところですが,過去の裁判例などを検討すると,①動機・目的が正当であるか否か②内容が通常の注意・指導の範囲といえるか否かという観点から考えていくことが適当だと思います。
 すなわち,①についてみると,当該従業員に特に落ち度がないにもかかわらず,厳しく注意をすれば,目的が正当とはいえず,違法性が認められやすいといえるでしょう。また,②については,感情的に激しく叱責すれば,通常の注意・指導の範囲を超えるとして違法性が認められやすいといえます。逆に,暴力を振るわず,人格を非難せず,人前でなく別室で注意する,叱責した場合も後で優しい言葉をかけるなどフォローをする配慮をしていれば,正当な注意・指導と評価されることになると思われます。
 現在パワハラの被害に遭っている,また,従業員の中にパワハラをしていると思われる者がいるが会社としてどのように対処すべきかわからない,などの問題でお悩みであれば,当事務所までお気軽にご相談下さい。

 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 柴橋修 (広島弁護士会所属)

弁護士 柴橋修のプロフィール

■山下江法律事務所HP「Q&A」

■弁護士コラムバックナンバー【テーマ:いろいろ】
・vol.77 「ご近所との騒音トラブル」榎本紀子 2014/7/4
・vol.76 「契約って何ですか?」粟井良祐 2014/6/20
・vol.62 「オークションで購入したチケットが使えなかったのですが・・・粟井良祐 2013/11/22
・vol.61続編 「続・NHK受信料と契約自由の原則」松浦亮介 2013/11/8
・vol.61 「NHK受信料と契約自由の原則」松浦亮介 2013/10/25
・vol.56 「レンタルDVDの延滞料を請求された・・・!」笠原 輔 2013.8.16
・vol.49 「未成年の子どもが勝手にした契約を親が取り消すことができるか榎本紀子 2013.5.10
・vol.47 「消滅時効に関する留意点」松浦亮介 2013.4.5
・vol.45 「保証人になってください」城昌志 2013.3.8
・vol.44 『「最も良い解決法」とは?』上土井幸始 2013.2.22
・vol.42 「エステを解約したいのですが・・」齋村美由紀 2013.1.25
・vol.40 「管轄」加藤泰 2012.12.21
・vol.37 「仮差押命令」稲垣洋之 2012.11.9
・vol.36 「裁判に勝てば当然支払いをしてもらえるか?」 柴橋修 2012.10.26
・vol.34 「親を扶養する義務」 久井春樹 2012.9.28
・vol.31 「殴られて怪我をした場合に損害賠償請求できる根拠は?」 粟井良祐  2012.8.17
・vol.29 「ファールボールが直撃してけがをしてしまった場合の球団主催者蔦尾健太郎 2012/7/20
・vol.25 「婚約破棄による損害賠償請求」 齋村美由紀 2012.5.25
・vol.22 「もしも普段使っている製品で事故に遭ったら」 片島由賀 2012.4.13
・vol.20 「指導者の不注意で、スポーツ中に事故に遭ったら・・・」 笠原輔 2012.3.16
・vol.18 「即時取得制度」 稲垣洋之 2012.2.17
・vol.17 「クーリング・オフについて」 柴橋修 2012.2.3
・vol.15 「成人になるとは?」 松浦亮介 2012.1.6
・vol.10 「ペットのトラブル」 山本淳哲 2011.10.21
・vol.5 「インターネット上で名誉を毀損されたら・・・」 笠原輔 2011.8.12

弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(山下江法律事務所)

Share
関連するコラム

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・法律相談は完全予約制で行っております。まずはお気軽にお問合せください。
・原則、弁護士との面談形式でご相談に対応しております。
・個人の方のご相談は初回無料で対応しております。(相談時間:1時間程度)
企業法務のほか、個人の方でも事案によってはご相談料金をいただく場合がございますので、まずはお気軽にお問合せください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス