まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.10 「ペットのトラブル」 山本淳哲

2011年10月21日 / 2018年1月17日更新


 ペットブームと言われ始めて久しく,何らかのペットを飼われている方は多いのではないでしょうか。
 ペットに関する法律として,動物愛護管理法(動物の愛護及び管理に関する法律)という名前を聞いたことがある人はいらっしゃるでしょう。他にも,広島県であれば,広島県動物愛護管理条例がありますし,環境省が家庭動物等の飼育及び保管に関する基準というものを出しています。これらは,主に飼い主がペットを飼う際の遵守事項や,ペットショップの規制などを定めています。
 では,自分の飼っているペットが他人に損害を与えてしまった場合,その責任はどうなるのでしょうか。
 この場合の規定は民法にあり,民法718条1項には,「動物の占有者は,その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。」と定められています。
 何やら小難しく書いていますが,ここでは,自分の飼っている犬を散歩中,その犬が他人に損害を与えてしまった場合を考えてみましょう。「他人に損害を与ええてしまった」って何か漠然としてますよね。うちの犬が他人を噛んだ場合だけじゃないの?と思われるかもしれません。
 実は,過去の裁判例では,犬が人に吠え掛かって,その人がびっくりしてこけるなどして怪我をした場合でも損害賠償が認められているのです。必ずしも犬が人に触れることは必要ありません。もちろん,犬の種類や大きさなどにもよりますが,このような事態もありえるのです。
 さて,民法718条1項には,続きがあり,「ただし,動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは,この限りでない。」と定められています。相当の注意をもって管理していた場合には責任を負わなくてもいいですよ,という規定ですが,裁判でこれが認められることは非常に少ないのです(とは言え,異常な事態に対処しなければならないほどの注意義務まで課されたものではありません)。
 ただし,相手が犬にちょっかいを出したなど,損害を被るに至った事情によっては,過失相殺と言って損害賠償の一部(例えば2割とか3割とか)は責任を免れることもあります。
 そうは言っても,相手に後遺症が残ってしまった場合などでは,過失相殺されても高額な賠償をしなければならないこともありますので,ペットを飼われている人は,気を付けてください。
 ペットを飼っていて何かトラブルになった場合でも,当事務所にご相談ください。

 執筆者:弁護士 山本淳哲 (広島弁護士会所属) ※2013.3退所


↓↓↓ 「親切な相談」と「適切な解決」。これが私達のモットーです。
http://www.law-yamashita.com/

■弁護士コラムバックナンバー
・vol.9 「遺産相続でもめないために」 齋村美由紀 2011.10.7
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3174/
・vol.8 「働いた分ちゃんと給料は払われているの」 西丸洋平 2011.9.22
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3018/
・vol.7 「離婚に伴う養育費の問題」 片島由賀 2011.9.9
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2881/
・vol.6 「刑事裁判に被害者の参加や意見陳述を認める被害者参加制度」 加藤泰 2011.8.26
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2730/
・vol.5 「インターネット上で名誉を毀損されたら・・・」 笠原輔 2011.8.12
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2592/
・vol.4 「不貞行為と離婚理由」 山口卓 2011.7.29
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2447/
・vol.3 「不動産の二重譲渡と登記」 稲垣洋之 2011.7.15
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2325/
・vol.2 「不動産賃貸借トラブル」 柴橋修 2011.7.1
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2209
・vol.1 「相続」 副所長 田中伸 2011.6.17
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2051

■弁護士・江さんの何でも法律相談「ペットトラブル」についてのコラム
・「愛犬が他人の飼い犬にかみついた」 2011.7.12
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2308/

この記事を書いたプロ

山下江

山下江(やましたこう)

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ