まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

弁護士・江さんの何でも法律相談「内縁の妻は相続できる?」

2011年4月5日 / 2014年7月4日更新

FMちゅーピー「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」
■2011/4/4(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。
今回のテーマは、
「内縁の妻は相続できる?」について


■内縁の妻は相続できる?
相談者 31歳/女性

Q: 主人とはすでに同棲をして8年になりますが、私たちの主義により、入籍はしていません。子どももおりません。
 この度、主人が突然の交通事故で死亡しました。
 私は主人の所有であった土地や建物を含めた遺産を相続できるのでしょうか。

A: 残念ですが、内縁の関係にあっただけでは相続はできません。
 “内縁関係”というのは、実質的には夫婦と同じ生活をしていますが、相続に関しては婚姻届を出しているかどうかで大きな違いが生じるのが現状です。
 不公平かと思われるかもしれませんが、現在の法律では相続に関しては戸籍上の入籍の有無を非常に重要視しているわけです。

 ちなみに、内縁関係でも、その解消(離縁)にあたっては、正式に入籍して離婚する場合とほぼ同様に扱われます。すなわち、不貞行為に伴う損害賠償や内縁破綻に関する慰謝料、財産分与は、離婚と同様に扱われることになるのです。

Q: ということは、内縁関係と婚姻関係は、離縁ないし離婚の場合は扱いが同じだが、相続の場合は扱いが異なるということですか。

A: そのとおりです。

Q: この相談者の方は、現在、内縁の夫が所有していた土地建物に住まれているようなのですが、ここも出ていかなければならないということでしょうか?

A: その必要はありません。
 裁判所では、この方のような内縁の妻という立場の方について、相続はできないけれども、今まで住んできた家屋に居住することはできることを認めています。
  
 すなわち、内縁の妻は、家の相続(その所有権の取得)はできないが、そこに、住み続けることはできるということになります。

Q: 財産上のものについて、この方(内縁の妻)が何か取得できるものは、ないのでしょうか?

A: もし、ご主人に相続人がいない場合…たとえばご両親がすでに死亡されていて、ご主人に兄弟がいないという場合には、家庭裁判所に申し立てをすることにより、「特別縁故者」として、ご主人の遺産の全部または一部の分与を受けることができます。

 特別縁故者とは、「被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者、その他被相続人と特別の縁故関係があった者」を言います。
 亡くなった人に相続人がいないときは、その財産は国庫(国)に帰属することになります。しかし、特別な縁故関係がある場合には、国ではなく、その人(特別縁故者)に相続財産を取得させる方が好ましいと、法に定められているわけです。

 ご主人に相続人がいないのであれば、内縁の妻は特別縁故者の申し立てを家庭裁判所にするのがよろしいでしょう。

Q: この方の場合は、突然の交通事故でご主人が亡くなられています。交通事故の場合に何か他に考えられる形はありますか?

A: 交通事故に遭われた場合は、実質的には夫婦と同じように扱われます。内縁の妻であるこの方自身が、交通事故の加害者に対し損害賠償請求することができます。

 また、この方が内縁の夫に養ってもらっていたという場合には、夫からの扶養請求権を交通事故により奪われたことになりますから、これを財産的損害として賠償請求できます。

 以上のように、内縁の妻は相続に関しては法律上の妻と異なる扱いをされますが、それ以外のことについては、法律上の妻とほぼ同様の扱いになると考えてよろしいかと思います。


■次回のテーマ
「家業手伝いと療養看護…相続はどうなる?」について
2011/4/11(月)15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)


■バックナンバー

・「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1205
・「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1170
・「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1211
・「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1213
・「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1229

この記事を書いたプロ

山下江

山下江(やましたこう)

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ