まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
古川充

3セクを生かしたまちづくりのプロ

古川充(こがわみつる)

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

コラム

忘れることができないゲンコツ虐待

2012年11月27日

子育てにおいては、誰もが躾けと虐待の違いに自問し、その境目の中で悩んでいるのではないでしょうか。
自分の3人の子どもが自立したので、子育て経験を踏まえて養育里親として2人の里子を養育している。
6才の男の子は、4年余り前に引き受けた。
当時2歳の幼子が、入浴中、一瞬に目を離した隙に、入浴剤1本を浴槽に入れてしまった。
その状況に驚き、カッとなり、我を忘れ、頭部にゲンコツをしてしまった。
その時の自らの行動を想うたびに、失望と恥ずかしさが湧き上がる。
50才を過ぎた自分が、身を守ることができない幼子に虐待をしてしまったのである。
毎日のように報道される虐待に接するたびに、当時の自分のゲンコツを思い出し、申し訳ない、軽率な事をしたと想う。
里親の家庭で育ったことを人生の糧となれるよう、ストレスを抱かせない正しい躾けに心がけたいものです。
子育てを、母親大学に入学したと捉え、関わってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

古川充

古川充(こがわみつる)

古川充プロのその他のコンテンツ

Share

古川充プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-453-2287

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古川充

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

担当古川充(こがわみつる)

地図・アクセス

古川充プロのその他のコンテンツ