まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
古川充

3セクを生かしたまちづくりのプロ

古川充(こがわみつる)

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

コラム

Iターン生活30年のメッセージ

2012年6月22日

都会暮らしに疲れ果てて農村暮らしに、ロマンや優しさを求めて、Iターンする人が少なくない。
お客様期間の農村の人の優しさに感動し、自然の豊さに満足し、Iターンしてよかったと思う。
農村を長期に亘る暮らしの地とするためには、郷に入っては郷に従うことを心得て、必要とされる役割を担う振る舞いの中で自己実現を目指すことである。
焦らず、威張らず、出しゃばらずで、集落活動への協力者であること。
一人十色の考え方、生き方を否定されることはないが、協調性がない強い個性の持ち主のレッテルを張られないことが重要である。
必要な時には、静寂の中でも勇気をもって発言し、自らの意にそぐわない決まり事であっても、決まったことには積極的に参加する素養を持ち合わせる行動を取れることが、農村くらしを楽しくする。
農村暮らしは、地域貢献、人助けを実感できるところである。
農村暮らしに、他力の優しさとロマンを求めないことである。
農村暮らしは、毎日が苦楽を実感できるところである。

この記事を書いたプロ

古川充

古川充(こがわみつる)

古川充プロのその他のコンテンツ

Share

古川充プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-453-2287

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古川充

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

担当古川充(こがわみつる)

地図・アクセス

古川充プロのその他のコンテンツ