まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
古川充

3セクを生かしたまちづくりのプロ

古川充(こがわみつる)

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

コラム

地域経営は外部者(お客様)満足(CS)と住民(スタッフ)満足(ES)のバランス

2012年2月4日

地域づくり、地域経営の活動の最も基本は、外部者満足(CS)と住民満足(ES)がバランスのよい企画運営が必要である。
農村地域の従来型の交流活動はどちらかと言うと外部者を受け入れ側の住民が一方的にもてなす交流であった。
住民は、過疎化や高齢化等の集落課題を数少ない交流を縁に、地域を活性化したいとのふるさと愛から、これでもか、これでもかと、一方通行のもてなし交流が多かった。
住民は、外部の交流者が帰った後は、それまでの疲れが一挙に出て脱力感しか残らないことが多い。
交流づくり、地域づくりから持続した地域経営に展開を図り、地域活力に繋げるためには、CSとESが自転車の両輪のようにバランスが取れたギブアンドテイクの関係が重要である。
地域づくりから地域経営に誘導することは、経済的循環と還元手法を生み出すことが求められる。
地域経営は、会社経営より困難を極める。
地域経営成功の路は、経済的刺激が、CSとESのバランスを生み出す。
会社経営は、経営方針に合わない社員を採用しなかったり、不要な社員には退職を迫ることが可能であるが、地域経営は、そう言う訳には行かない。
住民の合意形成を基本として事を進めなければならない。

この記事を書いたプロ

古川充

古川充(こがわみつる)

古川充プロのその他のコンテンツ

Share

古川充プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-453-2287

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古川充

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

担当古川充(こがわみつる)

地図・アクセス

古川充プロのその他のコンテンツ