まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
古川充

3セクを生かしたまちづくりのプロ

古川充(こがわみつる)

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

コラム

子育ては自分との戦い

2011年12月7日

子どもの虐待が止まるところを知らない。悲しい事に、ニュースの定番となっているようだ。
何故にこのような時代になったのかと心が痛む。
成長していない、単なる年齢を重ねただけの大人が多くなっている。
ままごと夫婦が多くなっている。
産声を上げた時の感動、初対面の感動を忘れなければ、自己防衛ができない子どもを虐待などできないはずである。
言うことを聞かないから、躾けのつもりで叩いたなど、とても信じられない弁明を耳にする。
だだをこねたり、泣いたりすることは、子どもの自己主張の限られた手段である。
結婚し、人生設計の大きな柱として子どもを産み、そして育て上げることが人としての最大の使命である。
一生懸命に働くのは、時代を担う子どものためとしている人が多い。
子育ては、自制できなければできない。辛苦を伴う一大仕事である。
子育ては子どもとの戦い以前に、自分との戦いである。
自分を見つめ、自制ができるようになるためには、学び続ける他にない。
そして、子どもと向き合う辛抱強さをもった大人にならなくてはならない。
恋愛の産物として、子どもを産んでほしくない。
世の中が悪い、隣が悪いなど責任転嫁するような言葉が出るうちは、子育てしかり、何事も成し遂げられない。
責任が取れない、政治家、大人、経営者、幹部が余りにも目につくことが多い。
子育ては、人生のエネルギーであり、学び、成長の教科書であると思う。




この記事を書いたプロ

古川充

古川充(こがわみつる)

古川充プロのその他のコンテンツ

Share

古川充プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-453-2287

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古川充

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

担当古川充(こがわみつる)

地図・アクセス

古川充プロのその他のコンテンツ