まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
古川充

3セクを生かしたまちづくりのプロ

古川充(こがわみつる)

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

コラム

集客資源は人の魅力

2011年2月10日


1990年代ころからまちづくりが活発に取り組まれた。地方の主体性、独自性を活かしたまちづくりを国も地方も積極的に支援し、類似の交流施設や観光施設が設置された。
これに火をつけたのが、1988年の竹下内閣が交付した1億円である。行政規模に関係なく自治体が同額である。
小さな自治体にとっては、なんとも有り難いお金であった。
公共施設の管理運営に指定管理者制度の導入が拡がり、多くの公共施設はこの制度で選定された、民間企業、第3セクター組織が担っている。
行政直営は、極めてまれな状況となった。
指定管理者は、非効率から抜け出し、民間のコスト感覚、機動性、変化を活かした経営の創造に努めているが、集客や利用者の減少に苦しんでいる。
少子化、高齢化による購買力の低下など社会的要因も大きい。
農山漁村などは、そもそも経営環境のハンディを背負っており、これを克服し自活経営を確立するためには、サービスの独自性を継続し続けることである。
何より、スタッフの感謝とお客様に感動を抱かせる対応が必要である。
箱物(ハード)のリニューアルは、資金が掛かりすぐにはできない。
しかし、スタッフの目線や気持の置きどころで、お客様満足と感動につなげることができる。
出会いがリピーターとなり、さらに、仕事を越えた人間関係となることもある。
自分を応援してくれる人間関係づくりが大切である。
例えば、あの人がいるから行ってみようと、訪ね人100人作ることを目標に日々過ごすと仕事も出会いも楽しくなる。
また、今は物が売れない時代だから、自分を売り込む時代である。

この記事を書いたプロ

古川充

古川充(こがわみつる)

古川充プロのその他のコンテンツ

Share

古川充プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-453-2287

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古川充

ソーシャルビジネス古川充行政書士事務所

担当古川充(こがわみつる)

地図・アクセス

古川充プロのその他のコンテンツ