マイベストプロ広島
古賀洋二

相続税・贈与税・不動産譲渡を専門に扱う税務のプロ

古賀洋二(こがようじ) / 税理士

古賀洋二税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
090-7120-4810

コラム

相続税の納税資金対策

2022年7月29日

テーマ:相続税の納税資金対策

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 相続税

納税資金対策
相続税の申告期限は10か月以内です。
基本的には現金での納税になります。
資産のほとんどが不動産で占められている場合に多額の相続税が発生すると納税ができません。
不動産を処分して現金を作ろうとしても期限は10か月しかありませんので困難です。
ご自身の資産状況を考えて今から準備してください。
納税資金対策の方法
生命保険の活用
相続の開始によって相続税の納付の必要が出てきますが、生命保険を活用しいていると相続の開始によって現金が入ってくることになります。
ご自身にどの位の相続税がかかることになるのか計算して保険額を決めてください。
※納税対策の生命保険の場合、受取人は相続税の納税義務がある人にしましょう。
不動産の売却
相続が開始してから納税資金が必要になり不動産を売却する場合、相続税の申告期限に間に合わすために売却を急ぐことになります。
そのため希望の額で売却できないこともあります。
路線価よりも売却価格のほうが低いようなときは売却することによって課税価格が下がりますのでさらに有効です。
物納の準備
相続税の納税は原則金銭での納付です。
ただし、金銭での納付が困難であると認められたときには土地や株式などの現物で納付することができます。
•物納できる財産
国債、地方債、不動産、株式など
※担保権の目的となっている財産、境界が不明瞭な土地、権利の帰属について争いがあるものなどは物納できません。

この記事を書いたプロ

古賀洋二

相続税・贈与税・不動産譲渡を専門に扱う税務のプロ

古賀洋二(古賀洋二税理士事務所)

Share

古賀洋二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7120-4810

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀洋二

古賀洋二税理士事務所

担当古賀洋二(こがようじ)

地図・アクセス

古賀洋二プロのコンテンツ