マイベストプロ広島
古賀洋二

相続税・贈与税・不動産譲渡を専門に扱う税務のプロ

古賀洋二(こがようじ) / 税理士

古賀洋二税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
090-7120-4810

コラム

特別受益とは

2022年6月1日

テーマ:特別受益とは

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: 相続税

特別受益とは
故人から生前に住宅資金の援助や事業の資金の贈与を受けている場合、このような贈与は「遺産の前渡し」とみることができます。
これを特別受益といいます。
特定の相続人が特別受益と受けている場合に残った財産だけを分けてしまうと相続人間で不公平な遺産分割になってしまいます。
そこで特別受益を受けている相続人がいる場合には、特別受益の額と残った財産を足したものをもとに遺産分割を行うことになります。(特別受益の持戻し)
特別受益になるもの
•遺贈
•婚姻・養子縁組のための贈与
•生計の資本としての贈与
通常の生活費や学費などの扶養の範囲にあたるものは特別受益にはなりません。
相続分の計算
相続人が3人(妻、長男、長女)、相続財産が10000万円で長男が2000万円の特別受益を受けていた場合
10000万円(相続開始時の財産)+2000万円(特別受益分)=12000万円
妻(相続分2分の1)
12000万円×2分の1=6000万円
長男(相続分4分の1)
12000万円×4分の1=3000万円
3000万円-2000万円(特別受益分)=1000万円

この記事を書いたプロ

古賀洋二

相続税・贈与税・不動産譲渡を専門に扱う税務のプロ

古賀洋二(古賀洋二税理士事務所)

Share

古賀洋二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7120-4810

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀洋二

古賀洋二税理士事務所

担当古賀洋二(こがようじ)

地図・アクセス

古賀洋二プロのコンテンツ