マイベストプロ広島
古賀洋二

相続税・贈与税・不動産譲渡を専門に扱う税務のプロ

古賀洋二(こがようじ) / 税理士

古賀洋二税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
090-7120-4810

コラム

相続の仕方の種類

2021年11月16日

テーマ:相続の仕方の種類

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 相続税

相続の種類には以下の3つの種類があります。
「単純承認(たんじゅんしょうにん)」
相続人が、被相続人の権利義務の一切を承継することです。
ほとんどの方が単純承認を選択します。
単純承認をするのに特別な手続きはありません。
勝手に亡くなった人の財産を処分したり、預貯金を使ったりすると単純承認したものとみなされます。
単純承認をすると、マイナスの財産も引き継ぎますので、
引き継いだ人達が借金なども返済することになります。
「限定承認(げんていしょうにん)」
相続財産には、プラスの財産とマイナスの財産とがあります。
マイナスの財産を相続してしまうとお金を払わなければいけないこともあります。
プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのかわからない場合に、一部の財産を限定して引き継ぐことをいいます。
引き継いだプラスの財産で補える範囲で、マイナスの財産を引き継ぐことになります。
相続人が何人かいる場合には、全員が共同して行わないといけません。
さらに、故人の死を知ったときから3ヶ月以内に手続きをする必要があります。
この期限を過ぎると単純承認したものみなされます。
「相続放棄(そうぞくほうき)」
相続財産を引き継ぐ権利を自ら手放すことです。
相続放棄は、限定承認と同じく故人の死を知ったときから3ヶ月以内に手続きをする必要があります。

この記事を書いたプロ

古賀洋二

相続税・贈与税・不動産譲渡を専門に扱う税務のプロ

古賀洋二(古賀洋二税理士事務所)

Share

古賀洋二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7120-4810

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀洋二

古賀洋二税理士事務所

担当古賀洋二(こがようじ)

地図・アクセス

古賀洋二プロのコンテンツ