まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
岡田栄治

心で感じる家造りのプロ

岡田栄治(おかだえいじ)

株式会社 岡田工務店

コラム

健康と住宅

家造り

2015年5月15日

近頃、「健康と住宅」の話が多く取り上げられるようになりました。
ちょっと前は、子育てや省エネ関連など話題を変えながら
速いペースで近代住宅は巡回しながら話題が変わってきています。

そうは言っても変わっていない事
「衣・食・住」の考えです。

昔、日本の考え方は
「夏過ごしやすくするにはどうするか?」
と言う考え方でした。

気候に合わせ着る物を調整する 「衣」

腐った物を食べると体を壊すので食べ物に注意する 「食」

寒さをしのぎ、暑さに耐える 「住」

この三種をどうにかバランスよくあれば生きる事が出来ました。


命を守る健康を保つ事が大切と思われていました。
風水にしても結局、命(健康)と言う知恵から生まれています。

健康を考えるには「衣食住」が
今も昔も本当に大切なキーワードになります。

しかし、近代一つこの言葉の中に一つ言葉が加わりました

 「遊」

順番も変わり

「遊」 「食」 「住」 「衣」なったと思うのですがどうでしょうか?

ストレス社会、鬱や自殺と言った命を自らけづって行く時代「遊び」って本当に重要と思っています。

食の重要性は大きく昔は食中毒での死亡が多かったのですが、
近年は脳梗塞やがんや心筋梗塞など多く特に中年男性の死亡も増えてきていると思います。
その要因は食塩摂取過多や食品添加物の普及によるものが多いようなきがします。
いくら住宅のレベル向上しても内面を改善していかないと解決されないと思います。

私は家造りが本来の仕事なので、少しでも料理が造る事が楽しくなるキッチンや
少しでも食にお金をかけれるように、省エネや使いやすさでコストを下げる取り組みをしています。

「健康と住宅」って大切な事、ただ「お家を建てる」と言う考え方から
ちょっと違う目線で考えて見る事も大切ですよ。

この記事を書いたプロ

岡田栄治

岡田栄治(おかだえいじ)

岡田栄治プロのその他のコンテンツ

Share

岡田栄治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-228-5322

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡田栄治

株式会社 岡田工務店

担当岡田栄治(おかだえいじ)

地図・アクセス

岡田栄治のソーシャルメディア

facebook
facebook

岡田栄治プロのその他のコンテンツ