まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
片島由賀

逆風を追い風に変える弁護のプロ

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

片島由賀プロのご紹介

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

片島由賀さん

当事者の心に寄り添って

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められています。
 弁護士の片島由賀さんは、広島駅南口から徒歩8分・路面電車からのアクセスも良い法律事務所で活躍する2人の弁護士のうちの女性弁護士です。冷静な判断力と依頼者にしっかりと寄り添う親身な姿勢をモットーに仕事に取り組んでいます。相続や借金問題など相談内容は様々ですが、中でも男女問わず力を入れているのが離婚問題です。感情がこじれてしまいがちな離婚問題では、第三者である弁護士が専門的な知識を使い間に立つ方がより早く確実に問題を解決できることがあります。
 「慰謝料の額が決まれば終わり、親権をどちらが持つか決めれば終わり、離婚問題はそれだけではありません」と片島さんは言います。家や車の名義はどうするのか、子どもの姓はどうするのか、郵便物はどうするのか、子どもとの面会はいつ、どこでするか・・・「細かなことに思えますが、このようなことで揉めることも数多くあります。離婚が成立することが解決ではなく、本当はそこから先の生活をどうするかの筋道が見えて、初めて問題が解決するんですよ」。
 双方が折り合いの付くような答えを導き出すためには、依頼者自身が心を開いてくれるかどうかが大きなカギになります。離婚を強く希望していたある男性依頼者は、どうしても別れたくないという妻との話し合いが難航し、片島さんに依頼しました。離婚裁判になり再度やり直すことは難しいと判断した妻は離婚に応じたのですが、高額の慰謝料などを請求しました。結局裁判では大幅に減額となりましたが、無事にどちらもが納得する離婚が成立したのです。その後も学資保険の手続き変更など細かに対応が必要だったものも、片島さんが最後までサポートしました。男性は、片島さんに親身に話を聞いてもらえたこと、自分だけではなく妻側とも最後まで丁寧に対応してくれたことにとても感謝したそうです。

片島由賀プロのその他のコンテンツ

Share

片島由賀のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-20
facebook
Facebook