マイベストプロ広島

コラム一覧

RSS

離婚後1年経って子どもに会わせてくれなくなりました。養育費は支払わなければならないの?

離婚後1年経って子どもに会わせてくれなくなりました。養育費は支払わなければならないの?

2018-07-15

少子化や男性の育児参加の影響か、離婚の際、あるいは離婚後の面会交流に関するトラブルは増えてきています。そんな中、養育費の取り決めも含めて公正証書でしたけれども、子どもと会わせてもらえなくなった、子...

「働き方改革」関連法律が成立しました⑴(「同一労働同一賃金」とは?)

「働き方改革」関連法律が成立しました⑴(「同一労働同一賃金」とは?)

まずはじめに,進行形の所がありますが,この度の豪雨災害で被災された皆様方に改めてお見舞い申し上げます。皆様のご安全を祈念するとともに避難などの現状の対応のほかに今後の復旧などが待ち望まれるところで...

変わる民事上の「成年」の年齢,どんな影響がある?

変わる民事上の「成年」の年齢,どんな影響がある?

2018-06-23

つい先日ですが,「成年」に達する年齢が20歳から18歳に引き下げられる方向で民法改正案が成立しました。これにはどのような意味があり,どんな影響があるのでしょうか?関連する法律の改正などとともに触れて...

相続関係の民法改正案について(その3・自分で作る遺言書にまつわる改正)

相続関係の民法改正案について(その3・自分で作る遺言書にまつわる改正)

相続に関わる民法改正案がこの通常国会に提出されています。今回は、自分で作る遺言書(「自筆証書遺言」といいます)にまつわる改正案について、これまでの法律の規定・運用とその不都合な点、改正でどう変わる...

相続関係の民法改正案について(その2・相続人以外の人の貢献でも寄与に応じた請求が可能に)

相続関係の民法改正案について(その2・相続人以外の人の貢献でも寄与に応じた請求が可能に)

2018-04-29

相続 手続き

今回は相続関係の民法改正案のうち、寄与分に関する改正を取り上げます。 「寄与分」とは。主張できるための要件は? 「寄与分」については民法904条の2で、亡くなった相続人の事業を手伝っていた...

相続関係の民法改正案について(その1・配偶者居住権)

相続関係の民法改正案について(その1・配偶者居住権)

2018-03-16

相続 手続き

相続分野の民法改正案が3月13日に通常国会に提出されました。改正になれば、相続について40年ぶりに大掛かりに変更することになります。改正の内容としては、遺産分割に関して新しく制度ができたり、自分で...

所有者が不明な土地を活用するための新しい制度が始まります

所有者が不明な土地を活用するための新しい制度が始まります

2018-02-25

ここ最近、超高齢化社会が急激に進んでいるためか、空き家問題など、不動産の有効な活用方法などの検討が盛んにされています。そんな中で、土地についても所有者の分からない土地の利活用を進めようと、政府...

改正民法の施行日が決まりました⑵(消滅時効の期間の変更)

改正民法の施行日が決まりました⑵(消滅時効の期間の変更)

2018-01-10

 前回、改正民法の施行時期が決まったということで、改正される内容について少し触れました。今回はその続きです。 今の民法における消滅時効に関する規定の内容は?  「消滅時効」とは、一定の期間...

改正民法の施行日が決まりました⑴(意思能力の明文化)

改正民法の施行日が決まりました⑴(意思能力の明文化)

2017-12-19

今年(平成29年)5月に民法の改正案が成立しました。今回は民法の債権法に関する重要な改正となりますが,この分野は民法施行以来,約120年にわたって中身について立ち入った改正が行われてきませんでした...

お互いの対立点が激しく大きく揉めている場合にはどうすればいいでしょうか?⑶

お互いの対立点が激しく大きく揉めている場合にはどうすればいいでしょうか?⑶

2017-12-04

前々回・前回で,離婚調停を申し立てたけれども,対立が大きくて進まない・離婚調停で話がつかず離婚裁判を起こすことを考えているという場合について見てきました。今回は離婚調停で話がつかなくなり,調停不成...

お互いの対立が激しく大きく揉めている場合にはどうすればいいでしょうか?⑵

お互いの対立が激しく大きく揉めている場合にはどうすればいいでしょうか?⑵

2017-11-26

前回は、離婚調停を申し立てたけれど対立が大きくて話が進まないとき、どんなことの整理が必要か。今後の見通しなどをお話しました。今回は、離婚調停で話がつかず離婚裁判を起こすことを考えている場合につい...

お互いの対立点が激しく大きくもめている場合⑴

お互いの対立点が激しく大きくもめている場合⑴

2017-11-23

 夫婦で今後のことについて話し合いをしているけれども、なかなか先に進まないというケースは割とあります。離婚調停を申し立てたけれども,対立が大きくて進まない場合・離婚調停で結局話がつかずに離婚裁判を...

本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵

本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵

2017-10-19

 前回は、本人同士で離婚の話が進まない場合に取りうる方法をお話しました。 今回は相手方がそもそも話し合いに応じようとしない場合にどうすればいいかについて取り上げます。 相手方がそもそも話し合...

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴

2017-09-18

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻に提案をしてみても話が進まないことは十分あり得る話です。そうした場合、まずはどういう理由か...

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)

2017-09-14

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・あるいはしない方がいいと思われるものをいくつか挙げてみます。 ⑴ 夫あるいは妻を自宅から...

片島由賀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀

勁草法律事務所

担当片島由賀(かたしまゆか)

地図・アクセス

片島由賀のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook