マイベストプロ広島

コラム一覧:離婚原因

RSS

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)

2017-09-06

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました。今回は、離婚を決意したとして、具体的にどんなことをしておくとよいかについてお話します。...

相手が認知症になったときでも、離婚はできるのでしょうか?

相手が認知症になったときでも、離婚はできるのでしょうか?

2017-08-22

 超高齢社会といわれる現状では、高齢の方をめぐる様々な問題が日夜ニュースで取り上げられています。認知症、介護問題、老老介護など、いろいろとそれらをめぐる問題をめぐって夫婦間でトラブルになり、離婚に...

夫婦の一方が家を出たとき同居を求める方法は?

夫婦の一方が家を出たとき同居を求める方法は?

2016-12-26

 法律では夫婦は同居し、互いに協力し助け合わなければならないと定められています。最近は仕事の都合や子どもの学校などの事情から、夫婦が別々のところに住んでいるというケースもみられますが、そういった理...

有責配偶者からの離婚請求は認められますか?(3) (未成熟の子がいる場合)

有責配偶者からの離婚請求は認められますか?(3) (未成熟の子がいる場合)

2016-04-29

 有責配偶者からの離婚請求について、最高裁判所が示した3要件から見てきました。前回は別居期間から主に見ていきましたが、今回は2つ目の要件である、未成熟子の有無が離婚を認めるかどうかへの影響を見てい...

有責配偶者からの離婚請求は認められますか?(2)(「相当長い」別居期間とは)

有責配偶者からの離婚請求は認められますか?(2)(「相当長い」別居期間とは)

2016-04-21

 有責配偶者からの離婚は、話し合いがつかなくなると、離婚が認められるにあたってのハードルが高い、という話を前回しました。 前回は、そもそも「有責とはどんなことをいうのか?」を中心にお話しましたの...

有責配偶者からの離婚請求は認められますか?(1)(「有責」とは)

有責配偶者からの離婚請求は認められますか?(1)(「有責」とは)

2016-04-14

 離婚をしたいと思う側に、結婚生活がダメになった原因を作ったといえる事情があるとき、話がこじれて離婚裁判になったとして、最終的に離婚が認められるでしょうか。  有責配偶者からの離婚請求と判断枠...

価値観やものの考え方などが違うことを理由に離婚できますか?

価値観やものの考え方などが違うことを理由に離婚できますか?

2016-04-07

 たとえば、夫は内向的・物静かで細かいところがある、休みには一人で趣味の盆栽をするのが好きである。かたや妻は社交的でおおざっぱ、休みの日には子どもたちと一緒に出かけるのが好きである。2人に共通の趣...

家事をしない妻・家事を手伝わない夫と離婚できますか

家事をしない妻・家事を手伝わない夫と離婚できますか

2016-03-31

 最近は男女共同参画や男性による育児休暇取得などにより、夫婦が家事を分担したり、育児を協力して行うというケースが増えてきたように思います。 そんな中でもあるのが、妻が家事をしないが離婚できるか・...

相手方親族との不和を理由に離婚できますか?

相手方親族との不和を理由に離婚できますか?

2016-03-28

 以前お話しましたが、夫婦がお互い離婚で話がつくのであれば、離婚自体についてその理由は問題になりません。夫婦での話し合いがつかず、家庭裁判所の調停でも話がつかないとき、それでも離婚をしたいと思って...

「言葉の暴力」(モラハラ)と離婚

「言葉の暴力」(モラハラ)と離婚

2016-01-25

 今回のテーマは久しぶりになりますが、離婚原因(離婚理由)についてです。離婚原因については、以前「離婚の理由いろいろ」で少し触れました、「性格の不一致」の他に、不倫(不貞行為)、浪費、暴力などがあ...

離婚と別居期間

離婚と別居期間

2015-06-19

 離婚のご相談に来られる場合、すでに夫婦が別居している、あるいはこれから別居しようと考えているというケースが多いです。 離婚の合意に至っていない場合で、とくに離婚裁判まで至っているとき、裁判上の...

離婚の理由いろいろ

離婚の理由いろいろ

2015-04-19

 離婚のご相談を受けると、実にいろいろな理由で離婚を決意したというお話が出てきます。 相手方の不倫・暴力といった比較的はっきりした理由があり、証拠もあるものもありますが、それより多いのはそうい...

この専門家が書いたJIJICO記事

香川県「ゲーム規制条例」今夏提訴へ 弁護士会も廃止を要求、同条例は違憲なのか

香川県「ゲーム規制条例」今夏提訴へ 弁護士会も廃止を要求、同条例は違憲なのか

2020-06-09

香川県で2020年4月1日から施行された「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(以下ゲーム条例)」。ゲーム条例は違憲にあたるのでしょうか。弁護士の片島由賀さんに聞きました。

コロナ感染で労災に認定される?全国で緊急事態宣言下でも出勤することの不安

コロナ感染で労災に認定される?全国で緊急事態宣言下でも出勤することの不安

新型コロナウイルスへの感染リスクがある中、通勤し、人と接しながら働き続けることに不安を感じている人は多いはずです。仕事をすることで新型コロナウイルスに感染した場合、労災として認められるのでしょうか。弁護士の片島由賀さんに聞きました。

名古屋・小5いじめで同級生が10万円以上要求 「恐喝」に当たるのか?

名古屋・小5いじめで同級生が10万円以上要求 「恐喝」に当たるのか?

2019-12-17

愛知県名古屋市の小学5年生の男児が、同級生6人から繰り返し現金を要求され、あわせて10万円以上を支払っていたことがわかりました。同級生の行為は「恐喝」に当たるのでしょうか。法的な責任は?弁護士の片島由賀さんに聞きました。

「こども六法」が話題 いじめは法律の力で対処できるのか

「こども六法」が話題 いじめは法律の力で対処できるのか

2019-11-05

いじめの解決に役立つようにと、子ども向けに法律をわかりやすく解説した「こども六法」(山崎聡一郎著、弘文堂刊)が、ベストセラーとなっています。法律を学校問題の解決にもっと役立てようという動きが広がっています。

ながらスマホ自転車運転での死亡事故に有罪判決 重い?軽い?

ながらスマホ自転車運転での死亡事故に有罪判決 重い?軽い?

2018-09-11

ながらスマホで自転車運転中に、歩行者と衝突・死亡させた事故で、自転車を運転していた加害者が重過失致死罪で有罪とされました。他の類似の運転事故と比べて妥当な判決なのか、解説します。

「事実婚」とはどんなもの?法律婚との違い・メリット・デメリットも解説

「事実婚」とはどんなもの?法律婚との違い・メリット・デメリットも解説

2018-08-07

先日、ブロガーで作家のはあちゅうさんが公表して話題になりました事実婚。事実婚は一般的な婚姻の手続きである、法律婚とどんな違いがあるのでしょうか?メリット・デメリットを含めて解説します。

増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか

増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか

2018-07-16

介護施設でのパワハラといえば職員から利用者の方への事例がしばしば報道で取り上げられますが、現状は職員側がセクハラやパワハラ被害を受けるケースがかなり多いようです。被害発生の原因と対策等について解説します。

デスクワークで腰痛や四十肩に!労災は降りるの?必要な要件を解説

デスクワークで腰痛や四十肩に!労災は降りるの?必要な要件を解説

2018-06-07

「労災」で思い浮かぶのは普通肉体労働を伴う現場での業務中の怪我ではないでしょうか。 これに対し長時間のデスクワークなどで腰痛や四十肩などが起きた場合、労災は適用されるのかについて解説をします。

裁判員制度開始からまもなく9年 見えてきた現状と課題は

裁判員制度開始からまもなく9年 見えてきた現状と課題は

2018-05-08

2018年5月で裁判員制度がスタートして9年になります。裁判員候補の辞退者の増加等、様々な課題も見え隠れしてきています。そんな裁判員制度の現状と課題について解説します。

インターネット上の人権侵害が過去最多を更新。被害にあったときの対応法

インターネット上の人権侵害が過去最多を更新。被害にあったときの対応法

2018-04-01

ネット上の人権侵犯が増えています。被害に遭った場合、どうやって身を守ればよいのでしょうか。法的な手続きも含めて解説します。

九州超える面積の所有者不明土地、利用権設定で活用の起爆剤になるか

九州超える面積の所有者不明土地、利用権設定で活用の起爆剤になるか

2018-02-24

所有者が分からない、「所有者不明土地」が土地活用にあたって壁になっています。その土地の広さは九州を超える面積という調査結果もあり、その問題点と新しい制度の内容を解説します。

男性のセクハラ被害・被害者がとりうる措置や会社が取り組むべき防止策は?

男性のセクハラ被害・被害者がとりうる措置や会社が取り組むべき防止策は?

2018-02-04

男性あるいは女性による、男性へのセクハラについてしばしば問題とされます。このような男性が受けるセクハラについて問題点と対応策を取り上げます。

相続でトラブルにならないために事前に家庭内で準備すべきこととは?

相続でトラブルにならないために事前に家庭内で準備すべきこととは?

2018-01-10

超高齢化社会の中、相続をめぐるトラブルも形を変えて増えてきています。どういった場合にトラブルになるかを学んで、少しでも準備しておきましょう。

世界人権デー 子どもの頃から人権の大切さを学ぶことの重要性

世界人権デー 子どもの頃から人権の大切さを学ぶことの重要性

2017-12-10

小学校では、人権の大切さを共感して受け止め、実践できるような人権教育を各地で行っています。この取り組みの一端と家庭におけるフォローについて解説します。

地毛が茶色なのに黒染求める、法的にはどんな問題点がある?

地毛が茶色なのに黒染求める、法的にはどんな問題点がある?

2017-11-11

髪が生まれつき茶色なのに高校から黒く染めるよう強要された等として損害賠償を求める裁判がありました。法的に問題となる点を解説します。

片島由賀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀

勁草法律事務所

担当片島由賀(かたしまゆか)

地図・アクセス

片島由賀のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook