マイベストプロ広島
  1. パワハラ防止の法制化と定められた介護現場での「ハラスメント防止ガイドライン」の内容とは?
片島由賀

逆風を追い風に変える弁護のプロ

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

コラム

パワハラ防止の法制化と定められた介護現場での「ハラスメント防止ガイドライン」の内容とは?

2019年9月2日

テーマ:労務問題

 既に報道がされていますが,パワハラの防止について定めた法律が成立しました。今回はこの法律と,やはり比較的最近に定められた「介護現場でのハラスメント防止ガイドライン」について触れていきます。

法律の改正内容は?



 簡単に言いますと,パワハラだけではなくセクハラについても含めた雇用管理における規制の強化を定めた法律が改正されたものになります。この改正によって,特にパワハラの内容が何かはっきりしたことはなく,会社側にパワハラの防止義務が定められたこと・従業員が相談をしたことで不利な取り扱いをしてはならない・対応指針を国が定めるべきであることを定めています。

 パワハラが職場で存在した事での罰則は特に定められていませんが,パワハラに関する相談などがあり、国などが会社に是正を求めたにもかかわらず是正されない場合には,公表することが定められています。



 働き方改革の中で,ハラスメントのない職場づくりということで相談窓口やセミナーの開催などが進むところですので,ハラスメントが直らない職場という公表がされるのは風評リスクになりますし,人手不足の産業や中小企業にとっては大きな打撃になりかねません。



 最近は様々なハラスメントが言われています(簡単に見ても,パワハラ・カスハラ・マタハラ・セクハラとあります)が,既に法制化が進むセクハラの他にマタハラも裁判例が存在し,パワハラも一通りのパターンが厚労省の出した資料でも定められています。パワハラは,暴力はもちろん人格否定的な発言や無視やいじめの他に,無理なノルマの設定等仕事を押し付けること・全く仕事をさせない・能力に合わない仕事をさせることなどが代表例とされています。



 ちなみに,厚労省のHPの中には自社でのパワハラ対応のやり方についての話が書かれています。ここでの内容は,自社の現状確認・現状を踏まえた対応策を立てること・社長がパワハラなどをなくす旨をはっきり示すこと・対応策を実行し,実行内容を確認するなどPDCAを回すことであるとされています。

 

 何がハラスメントにあたるかは個人の主観あるいは捉え方次第によるのではなく,パワハラであれば先ほどの内容ではっきりしていますし,セクハラも性的な発言や行動の他に例えば,まだ結婚していないのかという発言や容姿を問題にした発言(内容によりパワハラにも該当します)も該当します。何が該当するかをはっきりさせたうえで,会社へのリスクや対応方針の研修をしておくことは重要です。



 会社へのリスクは,労災の際を含めた損害賠償請求のリスクや風評被害(人材採用と定着面で大きく不利になる可能性があります)・職場環境の悪化があります。後で触れる介護現場におけるガイドラインに限らず,現在あるいは今後作られる各種のガイドラインに沿った運用が結局求められることになるものと思われます。ただ,原則系は先ほど触れたものであり,今回の改正も各種リスク対策といった面が強いものと思われます。



「介護現場でのハラスメント防止ガイドライン」とは?



 少し話は変わりますが,関連したタイトルのガイドラインが出ていますので,触れていきます。このガイドラインの背景として,介護福祉事業の現場ではセクハラやパワハラなどの職場内のものだけではなく利用者やその家族によるハラスメントも多いことを踏まえて定められています。介護現場に限らず,こうしたお客様関連のストレス(クレーム対応という意味ではサロン等顧客対応がある業種に広く当てはまります)は離職理由となるものです。



 以下は抜粋ですが,こうした利用者や家族からの暴力(精神的暴力を含む)の原因として

・利用者や家族等の性格・生活歴

・利用者や家族等のサービスの範囲の無理解、理解の低さ、過剰な期待

・利用者や家族らの認知症等の病気や障害

をあげています。

 この要因への対策はこうした特性を踏まえるものではありますが,結局のところは先ほど触れました

 ・現状把握(原因を含めたもの)やリスクの確認

 ・トップによる決断と対策をする宣言

 ・対応策を定めて実施する

 ・PDCAのうち重要なチェックと改善を行う

という点では変わりません。



 今後飲食店やサロンを含めたお客様対応が重要な業種では特に様々なハラスメントへの対応が求められます。こうした対応の基本や今後より一層求められることを踏まえて,対応をする重要性が高まってきます。


大聖院のハス
盆のときに訪れました大聖院のハスです。薄い黄色がかったハスがちらほらと咲いていて、極楽浄土の世界のようでした。今年がはハスが見られないと思っていましただけに、思いがけず素敵な景色に出会えました。

この記事を書いたプロ

片島由賀

逆風を追い風に変える弁護のプロ

片島由賀(勁草法律事務所)

Share
関連するコラム