まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
片島由賀

逆風を追い風に変える弁護のプロ

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

コラム

別居時のお金の持ち出しと生活費の支払

財産分与

2015年12月7日 / 2018年8月13日更新

 ここ最近また寒さが増して来ました。昨日は日が照らなかったため、寒い1日でした。平和大通りのイルミネーションも賑やかになり、年の瀬も近づいてきているという感じがします。
 
 先月初めて行きました、岡山の護国神社です。ここは戦災を免れ、明治創建の建物がそのまま残っています。ずっと昔に県北の木造の小学校(今もあるかわかりませんが…)を見に行ったとき、古い木のいい香りがしていたのをよく覚えていますが、この神社でも湿気とともに古い木の香りが漂っていました。
 こういった古い木造建築はいつまでも大切に保存してほしいものです。

 さて、今日は子どもをめぐる問題から少し離れて、別居時のお金の持ち出しがあったとき、婚姻費用との関係をどうみるかということをお話したいと思います。

別居時のお金の持ち出しは婚姻費用?それとも財産分与で考慮?

 夫婦仲が悪くなり、一方(大抵妻だと思いますが)が子どもを連れて家を出るとき、まとまったお金を持っていくということがよくあります。
 その後、出て行った方から離婚までの生活費を支払うよう求められたとき、持ち出したお金を生活費(婚姻費用)とみるか、それとも財産分与とみて、清算をする際に考慮すべきかが問題になります。
 
 まとまったお金をもって出て行かれた方からすると、当面の生活費は持ち出したお金でまかなえるのであれば、それでやりくりして欲しい、さらに生活費まで払えと言われても…という言い分になることもあるでしょう。
 婚姻費用については、民法上、夫婦はその資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻費用を分担するとの定めがあるため、この持ち出しを「資産」とみると、それを含めて金額を決めるべきとも思えます。
 
 しかし、そもそも生活費(婚姻費用)は離婚成立に至るまで、日々発生する生活に関連するお金ですので、資産についてどこまで(範囲や使途など)考慮するかが問題になると、月々いくら支払うべきか定めるのに時間がかかってしまいます。
 そのため、持ち出したお金とは別に、双方の収入に応じて支払うべき額を定めるべきであり、持ち出したお金は離婚時の財産分与の清算として考慮すれば足りるといえます。今の裁判例はこういった考えに基づくのが一般的のようです。

支払義務者の収入を超えた金銭の持ち出しの場合は?

 ただ、生活費を支払う義務がある者の収入を超えた金額の持ち出しがあった場合まで、持ち出し分とは別に生活費の支払を求めるのは酷なことがあります。
 相手方が支払義務者の年収の1.5倍以上にあたる多額のお金を持ち出したというケースでは、8割近のお金が持ち出しをした方の手元に残っており、しかも支払義務者は生活費にあてることを認めていることから、当面の間は持ち出したお金を生活費に当てられるとして、婚姻費用の請求を認めなかったという裁判例があります。
 
 結局のところ、別居時の持ち出しについては、持ち出した額と、特に義務者の収入との兼ね合いからケースバイケースで考えていくほかないように思われます。

■ 関連コラム:目次
 過去の生活費の支払がされていないとき
 生活費の支払の話がつかないとき

 
 

この記事を書いたプロ

片島由賀

片島由賀(かたしまゆか)

片島由賀プロのその他のコンテンツ

Share