まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
藤本慎一

木の家づくりのプロ

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

藤本慎一プロのご紹介

環境と共生する住まいで理想のライフスタイルを実現(2/3)

1階と2階の壁、柱を同じ位置にしてしっかりとした構造の家に

住宅性能表示最高等級で木造住宅への不安を払拭

 阪神淡路大震災後、建築基準法が改正されたとはいえ、木造住宅の耐久性などにまだ不安を抱いている人もいます。ヨハネハウスには建て替えを希望される人も多く、藤本さんは何度も解体現場に立ち会ってきましたが、築30年を超える住宅でも、壊す必要がないほどしっかりしているそうです。実際、建て替える理由のほとんどが、当時の間取りが現在のライフスタイルにそぐわなくなったからだとか。現在ヨハネハウスが造る家は当時と比べて格段に耐久性も耐震性も高くなっています。
 「夜に見ていただくと分かりやすいのですが、私たちが基準にしているのは、1階と2階の同じ位置に柱と壁があることです。隙間がなく、きちんと箱にした建物は強いんですよ。なおかつそれを実証するためにしっかりと構造計算をしていますので、住宅性能表示の耐震性については最高等級です」。住宅性能表示は建物の強さを表す指標のこと。長期優良住宅の7つの認定基準のうち、重要視される耐震性、省エネ性などの4項目をすべて最高等級に設定しているそうです。「分かりやすく言うと、学生の通知表で主要科目の英数国がオール5ということですね」。国産材を使いながら最高等級をクリアした構造体―。それがヨハネの設計ルールであり、スタンダードになっています。

藤本慎一プロのその他のコンテンツ

Share

藤本慎一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0827-34-0480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一

株式会社 ヨハネハウス

担当藤本慎一(ふじもとしんいち)

地図・アクセス

藤本慎一のソーシャルメディア

facebook
Facebook

藤本慎一のソーシャルメディア

facebook
Facebook