まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
藤本慎一

木の家づくりのプロ

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

コラム

パッシブの基本3要素 「断熱・気密」

OMソーラー

2014年5月26日 / 2014年7月4日更新



いよいよ最後の、「 断熱・気密 」 のご紹介です。


「 断熱・気密 」 とは、一言で言うと、


せっかく太陽からいただいた熱エネルギーを逃がさない、


「 箱 」 を作ることです。 


冬の天気の良い日の、「 OMソーラーハウス 」 は、


夕方の室内温度が25度くらいになります。


もちろん、暖房器具無しです。


それから翌朝までどれだけその室温を維持することができるか・・・?


それが、「 断熱・気密 」 の使命なのです。


室内は、夕方25度ありますが、屋外は、氷点下以下となる日もあります。


それが、翌朝まで続くのです。


暖かさを持続するには、魔法瓶のような家を作らなければなりません。 


いわゆる、高気密高断熱という


家づくりの考え方です。


最近では次世代型省エネルギー住宅という言い方もされています。


高気密高断熱に、こだわった、「 OMソーラーハウス 」では


天気の良い日の翌朝の室温は、


だいたい、16度~18度、と伺っております。





山口県下関市にある、セルロースファイバー断熱材の工場です。


断熱材は、建物の外と、中との熱の伝導や対流などを防ぐため使われます。


さまざまな、断熱材がありますが、「 ちょっとオシャレな木の家 」 では、


お客様のご予算や、思考に合わせた選択が可能になっております。


私たちが利用している断熱材と、その背景にはさまざまな理由があります。


まず、なんといっても、いちばんのおすすめは、


「セルロースファイバー」 ですね・・・


古新聞を、機械に通して、粉々にする・・・ 


いわば・・・ 大型シュレッダー・・・ です。


「セルロースファイバー」 の特長といたしまして、


価格的には、いちばん高価ですが、断熱性能も


いちばん効果・・・的 です。


素材は、新聞紙などをリサイクルされた、


木質繊維ですので木材と同様水分の吸排出が可能な素材です


ということは、壁体内での結露防止にも役立ちますので、


日本家屋の伝統である、「 土壁 」 の


現代バージョン・・・ と言えます。


施工も専門スタッフによる現場での吹き込み工法ですので、


施工に対する信頼度も高いレベルを、お約束できる断熱材です。


なんといっても、リサイクル可能な自然素材である・・・ と言うことがいちばんです。


その次に、石油製品ではないため、火災対策として、


難燃剤が混ざっているようですが、


基本的に有毒ガスを発生することがありません。


断熱性能、リサイクル性能、まさに、エコな素材です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OMソーラーの公式サイト。太陽エネルギーで電気を作るのではなく
太陽熱をそのまま利用するのが特徴です。
http://omsolar.jp/top.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島、山口の注文住宅ならヨハネハウス
「ちょっとオシャレな木の家」
---------------------------------------------
http://www.johanehaus.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

藤本慎一

藤本慎一(ふじもとしんいち)

藤本慎一プロのその他のコンテンツ

Share

藤本慎一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0827-34-0480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一

株式会社 ヨハネハウス

担当藤本慎一(ふじもとしんいち)

地図・アクセス

藤本慎一のソーシャルメディア

facebook
facebook