まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
藤本慎一

木の家づくりのプロ

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

コラム

パッシブの基本3要素 「蓄熱」…その1

OMソーラー

2014年5月7日 / 2014年7月4日更新




蓄熱です・・・





太陽熱で暖められた空気は、「 ハンドリングボックス 」 という、


「 OMソーラーハウス 」 の心臓部により、 


夏は、排気、冬は、取り込みと切り替えられます。


赤い矢印が、空気の流れです。 


冬の太陽熱を、床下に送るための流れを示しています。


右上の最初の → の部分は、屋根で、「 集熱 」 された70度近い空気が、


「 ハンドリングボックス 」 に入ってきます。 


真ん中の、 「 ファン 」 の部分が、いわゆる換気扇の役割をしています。


「 ファン 」 が回っていれば、屋外の空気を家の中に入れている・・・ ということなのです。


左下の最後の → の部分から、家の中にある丸い筒、 


「 OM立下りダクト 」 を通して、床下に


暖かい空気を送り込みます。 


夏は、逆に一番左端の丸い筒から、屋外に熱い空気を出してくれます。



 この、冬と、夏の、交通整理をしてくれる部分を、「 ダンパー 」 と呼んでいます。


この、「 ハンドリングボックス 」 と呼ばれるブリキの箱の中には、



「 ファン 」 という大きな換気扇と、


「 ダンパー 」 と呼ばれる、夏と冬の切り替えをする弁を動かすための、


モーターが入っているという・・・ かんたんな仕組みなのです。


ですから、「 ハンドリングボックス 」 が故障したとしても、


ブリキの箱自体は大きいのですが、


「 ファン 」 と、「 ダンパー 」 を動かす、


「 モーター 」 を取り替えるという作業で


終わってしまうのです。 


「 ソーラーハウス 」 といえば、大変高度なハイテク技術に思われますが


取り扱ってみると、


結構、ローテクな、自然環境を利用した、合理的なシステムなのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OMソーラーの公式サイト。太陽エネルギーで電気を作るのではなく
太陽熱をそのまま利用するのが特徴です。
http://omsolar.jp/top.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島、山口の注文住宅ならヨハネハウス
「ちょっとオシャレな木の家」
---------------------------------------------
http://www.johanehaus.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

藤本慎一

藤本慎一(ふじもとしんいち)

藤本慎一プロのその他のコンテンツ

Share

藤本慎一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0827-34-0480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一

株式会社 ヨハネハウス

担当藤本慎一(ふじもとしんいち)

地図・アクセス

藤本慎一のソーシャルメディア

facebook
facebook