まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
藤本慎一

木の家づくりのプロ

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

コラム

OMソーラーの家 気象を勉強しよう・・・ その3

OMソーラー

2014年3月24日 / 2014年7月4日更新




太陽熱利用とはちょっと離れますが、降水量についても見てみましょう。







年間の降水量の、同じく過去30年間の平均値をあらわしています。


暖色ほど降水量が少なく、寒色ほど降水量が多いことを示しています。


日本は、高温多湿とよく言われますが、この日本地図でよく分かると思います。 



日本で一番降水量が多い場所は三重県尾鷲市で、3922mm になります。

また一番少ない場所は北海道網走市で、801mm です


世界を見ると、エジプトのカイロは、24mm 

アメリカのサンフランシスコは、501mm 

パリ、609mm と


言った感じですので、日本がいかに雨の多い国であるか・・・ 

ということがわかります。


そのため昔から日本の家屋は軒の出が大きく、

また、窓にはひさしを設けて、

雨から外壁の汚れを守るという工夫がなされてきました。

ただ、残念なことに昨今の家は、軒の出が短く、

ひさしも設けない家づくりが増えているような気がします。





1月と、7月とを比べてみましょう。

1月は私たちの瀬戸内海沿岸では、全国的にみても降水量が少ないことがわかります。


これは、瀬戸内海の北には中国山地、南には四国山脈と、険しい山が連なっていて、

多くの雲がこの山脈を越えきれず、途中で雨を降らせ、

越えた後はもう雨を降らすほどの水蒸気を持っていないからです。


7月の地図を見ると梅雨真っ只中の日本列島ですが、

北海道だけ降水量が少ないことがよくわかります。


やはり、北海道には梅雨がないのですね・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OMソーラーの公式サイト。太陽エネルギーで電気を作るのではなく
太陽熱をそのまま利用するのが特徴です。
http://omsolar.jp/top.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島、山口の注文住宅ならヨハネハウス
「ちょっとオシャレな木の家」
---------------------------------------------
http://www.johanehaus.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

藤本慎一

藤本慎一(ふじもとしんいち)

藤本慎一プロのその他のコンテンツ

Share

藤本慎一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0827-34-0480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一

株式会社 ヨハネハウス

担当藤本慎一(ふじもとしんいち)

地図・アクセス

藤本慎一のソーシャルメディア

facebook
facebook