まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
藤本慎一

木の家づくりのプロ

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

コラム

OMソーラーの家・・・その2 夜編

OMソーラー

2013年12月6日 / 2014年7月4日更新



OMソーラーシステムの冬の夜はどうなのでしょうか・・・?


図を見ていただいたらお分かりでしょうが、昼間、天気の良い日は、お陽さまが沈んでも

床下のコンクリートに貯められた(専門用語で蓄熱・・・といいます。)

部分の温度は25度くらいです。



オレンジ色の部分です・・・


この暖かさが、じわ~っと、1階の床を暖めてくれて、次の日の朝の室温は、16度前後になるのです。

もちろん、地域的な格差や、建物の気密性、断熱性、によっても左右されるのですが、

設計時点である程度の性能の予測をシミュレーションできるのが、

このシステムの素晴らしいところなんです。


もちろん、電気式の床暖房や、ガスや灯油を熱源とする温水式の床暖房と比較すると、それほど、短時間

に暖かくなるものでもないし、ムチャムチャ暖まるものでもないのです。


でも、暖かさの源は、太陽ですし、以前も書かせていただいたとおり、太陽から請求書は来ません・・・

さらに、暖かさを運んでくれるのが、空気の循環ということを考えて設計されたシステムですので、

家中・・・均一な環境がえられます。


つまり、どちらかというと・・・

「暖かいというより・・・大きな吹き抜けがあっても寒くない家作りが、実現しますよ・・・」

ということなんです・・・




「天気の悪い日や、2日も雪が、しんしん・・・と、降るような日はどうなんじゃ・・・!?」


というご意見が聞こえてきそうですよね・・・



  そうなんです・・・



そのために、補助暖房という機能があるのです・・・


部屋の中に、「室温センサー」 という室内の温度をいつも見守ってくれてる働き者がいるのです・・・

OMの家に住まわれている方が、ある一定の温度になれば、補助暖房を動かしてほしい・・・と、思ったら、

自動的にボイラーにスイッチが入るシクミになっています。


もちろん、その、ある一定の温度とは、簡単に変えることが出来ます。


ただし、その熱源は現在のところ、ガスか、灯油か・・・の選択になります。



「な~んだ・・・ やっぱり、光熱費はかかるじゃあ~ないか・・・!! 」



と、思われることでしょう・・・

確かに、天気の悪い日は、補助暖房に頼らなければならないことでしょう


しかし、冬場に天気の悪い日が、どれだけあるのでしょうか・・・?


例えば・・・私たちが住んでいる瀬戸内海周辺では、1月、2月、に晴れている日が多いことは、

アメダス・データを調べれば、ちゃんと・・・わかるんです・・・

みなさまのお住まいになっている地域のアメダス・データを参考に、性能予測が

出来るのが、OMソーラーの素晴らしいところなんです・・・


ぜひとも・・・ヨハネハウスの広島モデルハウスで、この冬・・・
OMソーラーの素晴らしさを、体感してみてください・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OMソーラーの公式サイト。太陽エネルギーで電気を作るのではなく
太陽熱をそのまま利用するのが特徴です。
http://omsolar.jp/top.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島、山口の注文住宅ならヨハネハウス
「ちょっとオシャレな木の家」
---------------------------------------------
http://www.johanehaus.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

藤本慎一

藤本慎一(ふじもとしんいち)

藤本慎一プロのその他のコンテンツ

Share

藤本慎一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0827-34-0480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一

株式会社 ヨハネハウス

担当藤本慎一(ふじもとしんいち)

地図・アクセス

藤本慎一のソーシャルメディア

facebook
facebook