まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
藤本慎一

木の家づくりのプロ

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

コラム

家づくりをはじめるときに考えること・・・その6 (実践編・・・やっかいなモノの置き場を決める)

家づくり

2013年1月17日 / 2014年7月4日更新




前回までは、一般的な「住まいと太陽・・・」「住まいと家相・・・」など、基本的なご紹介でしたが、
本日からは、具体的に、土地に対して、建物をどのようにレイアウトするか・・・?
というお話です。

「家をたてよう・・・!!!」
と、思ったら、みなさま・・・土地探しからですか・・・? 
それとも、すでに、土地は決まっていらっしゃいますか・・・・
どちらにせよ、まず、家を建てようとする土地の条件により、
家づくりの考え方は、「がら~っ」と変わります。
といいますのも、
みなさまのご家庭で 「いちばん、やっかいな、おおきなモノ・・・」ってなんでしょうか?

おそらく、一番多い答えは、「車・・・」 ではないでしょうか・・・?
おまけに、ご夫婦・ご家族総動員で、「よっこらしょっ・・・」と、持って、動かせるものでもありません。

また、みなさまのご家庭で、「車・・・・」以外の、「やっかいな、おおきなモノ・・・」ってありますか・・・?
これまでの私の経験では・・・ 「ハーレー・・・」だとか、「ジェットスキー・・・」あたりでしょうか・・・
すこし、かわいいのは、「ウィンドサーフィンのボード・・・」 「サーフボード・・・」などです。
さすがに、「馬・・・牛・・・」 ましてや、「パンダ・・・」 などは、経験ございません。
つまり、このような、、「やっかいな、おおきなモノ・・・」 は、
道路から、直接、敷地の中に、移動させなければなりません・・・

ということは、その敷地に対して道路がどのように接しているかどうかで計画の考え方は、「がら~っ」と変わる・・・ということなのです。

敷地に対して、南側に、東側に、西側に、いや・・・北側に道路がある場合、
それぞれ、建物のレイアウトが変わってきます。

本日は、一般的にいちばん、オーソドックスな事例で、団地の坂道の途中にある、敷地の東側に道路が接している事例です。
家に対して、東側の道路から撮影した写真です。

写真に対して、右側(北方向)へ上り坂の道路です。
当初の造成では、いちばん北側に駐車場が予定されていましたが、それでは、建物を南側にレイアウト
しないとなりませんでした。いちばん手前の南東の角に、
駐車場をレイアウトしかえて、建物を北側へレイアウトしなおしました。

一般的に、坂道のある団地で、50坪前後の、敷地面積だと、
このようなレイアウトの変更が、多々あります。

その工事費用だけでも、150万円程度必要になってきます。

70坪以上であれば、それほど、苦労はしないのですが・・・
150万円多く出しても、広い土地を購入するかどうか・・・? は、

その家を、設計される方の意見しだいでしょう。

写真をごらんになって、お分かりの通り、
家の庭まで、南隣りの家の影が押し寄せていますが、家の中には、
燦々と太陽の光が入ってきます。

ただし、今回の事例では、ある、特定のご趣味をお持ちのお客様にとっては、
絶対にタブーな、ご提案なのです。

大問題になってしまいます。。。
どうしてか、知りたい方・・・

ぜひぜひ、ヨハネハウスのスタッフが、ご説明させていただきます。

http://www.johanehaus.com/

この記事を書いたプロ

藤本慎一

藤本慎一(ふじもとしんいち)

藤本慎一プロのその他のコンテンツ

Share

藤本慎一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0827-34-0480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一

株式会社 ヨハネハウス

担当藤本慎一(ふじもとしんいち)

地図・アクセス

藤本慎一のソーシャルメディア

facebook
facebook