まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
初﨑敏弘

こだわりの家づくりのプロ

初﨑敏弘(はつざきとしひろ)

株式会社家達

お電話での
お問い合わせ
082-233-1122

コラム

結露の原因と対策は?カビ発生の心配がない家づくりとは

スーパーウォール工法

2017年10月15日

結露は住まいの大敵です。また、結露によるカビやダニの発生は健康被害の原因にもなります。結露の発生原因と対策についてお話ししましょう。

結露が起こるしくみ

暑い夏、冷たい飲み物を入れたコップの周りには水滴がつきます。反対に寒い冬、戸外から暖かい家に入るとメガネが曇ります。この曇りもまた細かな水滴です。そして、いずれも「結露」と呼ばれる現象です。

夏、冷たい飲み物で冷やされたコップの周囲の空気と室内の空気には温度差があります。同じように、冬の寒さで冷やされたメガネ・レンズの周囲の空気と家の中の空気にも温度差があります。結露が起こるしくみには、まず、この「冷」と「暖」の「温度差」があるのです。

では、コップの周りの水滴、メガネのレンズを曇らせる細かな水滴は何でしょう。

それは、空気中に含まれる水分です。つまり、結露は、物とその周囲の空気の温度差によって、空気中に含まれる水分が物の表面に付着する現象なのです。

もう少し詳しく結露が起こるしくみを見てみましょう。

空気中には水分が含まれています。しかし、空気中に含まれる水分の量は、温度によって違うのです。暖かい空気ほど多くの水分を含むことができます。

単純に夏の室内の空気が含むことができる水分を10としましょう。コップの周囲の空気の温度は冷たい飲み物で冷やされていますから、室内の空気のように10の水分を含むことができません。これも単純に6しか含めないとすれば、あまった4は水滴となってコップの表面につくことになります。

冬、窓ガラスに結露が生じるのも同じしくみです。
家の中で結露が起こりやすい場所は、温度差が大きい場所、水分を多く含んだ空気、言いかえれば湿気がたまりやすいところです。そのため、家具の裏側や押入れなどにも結露が生じやすい場所になります。

2つの結露とその対策

家の中の結露は、発生する場所によって2つの種類に分けることができます。

一つは、これまでお話したもので「表面結露」と言います。
この表面結露への対策として重要なことは、家全体の断熱性を高め、家の中に暖かい部分、冷えた部分の温度差を少なくすることです。また、通気をよくし湿気を抑えることも重要です。

結露が生じやすい窓については、中間に空気層を持つ複層ガラスなど断熱性の高いタイプがおすすめです。
結露はカビやダニの繁殖を引き起こし、家族の健康被害の一因にもなりますから、早めの対策が必要です。

もう一つ、対策をしっかりしておきたいのが「内部結露」です。
「内部結露」とは、家の壁の内側、床下、天井裏などの普段目にすることがない場所で発生する結露を言います。結露が生じるしくみは表面結露と同じです。ここでは、壁の内側に生じる内部結露について見てみましょう。

家の断熱のために壁の内側に断熱材を用いたとしましょう。この断熱材は室内の壁と家の外壁の間に設置されます。この断熱材の設置方法に不備があった場合、次のようなことになってしまいます。
冬、室内の壁は暖かく、外壁は冷えている状態です。そこへ、室内の暖かく湿気をもった空気が侵入すると、その空気が外壁の内側で冷やされ結露が生じることになります。

内部結露の対策としては、まず、湿気に強い断熱材を使用すること、同時に、壁の内側に侵入した湿気をもった空気を排出する通気対策を施すこと、そして、断熱材設置にあたっての高度な技術をあげることができます。

壁の内側に生じた結露は、柱や土台にも影響を及ぼします。内部結露によって壁の内側、柱、土台が腐るということになれば、家は強度を失ってしまいます。

SW工法が結露を防止できる理由、仕組み

さて、結露が起こるしくみ、そして、結露の2種類(表面結露と内部結露)、また、その対策についてお話してきましたが、SW工法は、家の大敵である結露の発生を抑制する工法です。

SW工法は、高い断熱性能を誇るSW(スーパー・ウォール)によって家全体を断熱します。
また、通気についても、空気の流入・流出経路の計画と24時間換気によって理想的な通気を実現します。また、断熱と計画換気に欠かせない家の気密性についても、高レベルで実現する工法です。

結露が生じやすい窓には、結露抑制に抜群の効果を発揮する複層ガラスを採用しています。

そして、SW工法は、内部結露対策にも十全の方式を採用しています。

まず、SW工法が用いる発砲ポリウレタン断熱材が、室内側からの湿気を含んだ空気の侵入を防ぎます。そして、SW工法の壁面構造には通気層が設けられており、室外から入る湿気をもった空気をこの通気層によって排出します。つまり、室内側・室外側、双方に湿気防御対策が施されており、内部結露の発生を抑制するわけです。
ですから、スーパーウォールには、35年無結露保証がついています。
私ども「家達」はSW工法に精通すると共に高い技術力を備えています。結露対策についてお気軽にご相談下さい。

この記事を書いたプロ

初﨑敏弘

初﨑敏弘(はつざきとしひろ)

初﨑敏弘プロのその他のコンテンツ

Share

初﨑敏弘プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-233-1122

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

初﨑敏弘

株式会社家達

担当初﨑敏弘(はつざきとしひろ)

地図・アクセス

初﨑敏弘プロのその他のコンテンツ