まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
永岡弘行

土地・建物に関わる疑問や悩み、問題を解決するプロ

永岡弘行(ながおかひろゆき)

グローランドコンサルタント

コラム

ステンドグラス窓のお手入れ方法や掃除の仕方

ステンドグラスを取り入れた家

2016年10月6日 / 2018年1月23日更新

お手入れが難しそうにみえる繊細な造りのステンドグラスですが、通常の窓ガラスと同じようにお手入れをすることができます。

市販のガラスクリーナーも使うことができるので、ステンドグラス専用にクリーナーを用意する必要はありません。

しかし、ステンドグラスは構造上ガラスとガラスを組み合わせている鉛部分「ケイム」があります。鉛は金属物質のため、湿気を嫌います。お手入れの最後は必ず仕上げの「乾拭き」をしましょう。

簡単なお手入れでいつまでも美しい輝きを

お手入れが難しいと、住まいなどに用いることに躊躇(ちゅうちょ)する方もいらっしゃるかもしれませんが、ステンドグラスのお手入れは、普通の窓ガラスと同じお手入れできれいにすることができます。

ステンドグラスを窓に採用する場合、一般的にはステンドグラスにもう一枚片側にガラスをつける「ペアガラス構造」にします。
そのため、雨風に当たる側のペアガラス部分のお手入れは、窓ガラスと変わらない方法で掃除することができます。

さらに、ペアガラスのついていない面も、ステンドグラスはガラスなので通常通りの方法で簡単にお手入れができます。

ステンドグラスのお手入れはガラスクリーナーも使える

ステンドグラスは繊細な造りのため、ガラスクリーナーなんて使えないと思われがちです。

しかし、ステンドグラスはガラスの原料に金属酸化物を加えて焼いた「ガラス」なのです。
そのため、特別なお手入れをする必要はなく、通常の窓のお手入れをするようにガラスクリーナーを用いてお手入れをすることができます。

市販のガラスクリーナーが使えるとお手入れの負担も軽くなるので、取り入れやすいかと思います。気軽にステンドグラスの優しい光を楽しんでいただければ嬉しいですね。

乾拭きをすることが、ステンドグラスを長持ちさせます

ステンドグラスと通常の窓の大きな違い。それは、ガラスの組み合わせに鉛が使われていることです。

鉛は金属物質のため、湿気に長時間さらされてしまうと錆の原因になってステンドグラスそのものに劣化を起こしてしまいます。

ステンドグラスのお手入れをする際には、乾拭きで仕上げをするようにすると良い状態を維持できます。

ステンドグラス部分だけでなく、ガラスをお手入れする際には仕上げに乾拭きをすると見栄えよく仕上がります。

光に当たったときに拭いた後を残さないようにすると、ステンドグラスのデザインも美しく見えますので、ステンドグラスのお手入れは「仕上げ」をしっかりと行ないましょう。

この記事を書いたプロ

永岡弘行

永岡弘行(ながおかひろゆき)

永岡弘行プロのその他のコンテンツ

Share