まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
宮本伸久

「ご供養」のすべてをサポートするプロ

宮本伸久(みやもとのぶひさ)

ぎおん浄廟

お電話での
お問い合わせ
0120-34-5940

コラム

私はこの2つを中心に勉強させてもらってます。

ブログ

2015年4月26日

皆さん、こんにちは。



家族葬・納骨堂・法要
広島県広島市のご供養専門の施設
ぎおん浄廟(じょうびょう)の宮本です。



皆さんはどんな本を読まれますか?



私の読む本は大きく分けて
2種類あります。



一つは経営学に関する本です。



私は経営にかかわらせていただいて
おりますので



特に中小零細企業にかかわる経営の
正しい進め方について



セミナーや研修を利用しながら
本からも勉強させていただいてます。



そしてもう一つは人間学に関する本です。



人間学といっても範囲は広くて
どこからどこまでが人間学なのか
よくわかりませんが



例えば宗教に関することや
先人が残して下さった考え方や
知識や言葉や哲学など



人間としてどうあるべきなのか
ということを本などから勉強を
させていただいてます。



なぜ経営学と人間学なのかと
申しますと



私はぎおん浄廟の管理会社の経営に
携わっておりまして



ある経営学の先生の講義を受けた際に
経営者は「人間学」と「経営学」を
勉強するべきだという内容の話をお聞きして



その時のお話に感銘を受けてから
その2つに絞って本を買っています。



そして最近久しぶりに読みたいと思った
本が2冊ありました。



もちろん経営学と人間学の本なのですが
2冊とも著者の方にお会いしたことがあって



本の内容はもちろん、お2人とも非常に
素晴らしい方ですので紹介させていただきます。



「タイの経営、日本の経営」 藤岡資正著







この本の著者は藤岡資正先生はタイを
中心に世界を行き来していらっしゃる方で



「タイの東大」と言われるチュラロンコン大学
サシン経営大学院エグゼクティブディレクター、
サシン日本センター所長など



グローバルにご活躍をされている方で
幸運なことに私は先生のお話を2回
聞く機会がありました。



その時にASEANについてのお話を
聞かせていただいき



お隣アジアのことについて何の
知識も興味もなかった私に



新しい視野と知識と興味を与えて
下さった方です。



いまから世界ビジネスの中心市場と
なっていくASEANについて



理解を深めるためには非常に
いい本だと思いますので



アジアでのビジネスをお考えの方は
是非読まれることをお勧めします。



「気にしない生き方」 吉村昇洋著






この本の著者である吉村昇洋先生は
以前コラムに書かせていただきましたが
「今の自分を見つめること」



私が坐禅に行かせていただいている
曹洞宗八屋山普門寺の副住職でもあり



禅仏教・精進料理・臨床心理学・食育の研究
講義・講演・仏教マンガ研究など活動は
多岐にわたり



雑誌各誌にて連載・執筆を行っておられて
テレビやラジオなどのメディアにも多く
取り上げられている才能豊かな方です。



普通こんなに才能があって色々な活動を
されていらっしゃれば



人間少しくらい鼻が高くなっても
おかしくはないのですが



少しもそのような素振りも見えず
本当にそういった環境に影響されず
変わらない、ブレない方です。



確か著書は4冊、共著が2冊だされており
読む度に気づかされることが多くあります。



迷っていることや囚われていることが
いくつかあって



自分ではどうすれば良いのか
判断がつかないことってよくありますよね。
そんな時に読んでみたらいい本だと思います。



またいい本があったら紹介させていただきます。



それではまた。

この記事を書いたプロ

宮本伸久

宮本伸久(みやもとのぶひさ)

関連するコラム

宮本伸久プロのその他のコンテンツ

Share

宮本伸久プロのその他のコンテンツ