まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
宮本伸久

「ご供養」のすべてをサポートするプロ

宮本伸久(みやもとのぶひさ)

ぎおん浄廟

お電話での
お問い合わせ
0120-34-5940

コラム

情報操作や間違った情報提供について

業界

2014年4月9日 / 2015年4月26日更新

先日以下のような残念なことが
ありました。


皆さんに気をつけていただくという
意味も込めて書かせていただきます。


ぎおん浄廟の契約者の方が
お骨を納めるという事で
ご来館いただきました。


その方から「広島には○○宗の
寺院は無いんですか」という
お問い合わせがありました。


そういった事実はなく
ぎおん浄廟でもお世話に
なっている寺院があることを
伝えご事情をよく聞いて愕然としました。


ご親族のお葬儀される際に
葬儀社の担当者から


○○宗のお寺さんは広島には無いので
紹介するから○○宗のお寺さんにしなさい
と言われたとのことでした。


親族が亡くなったばかりで
冷静に考えることもできず


担当者に言われるまま違う宗派で
お葬儀をしたとのことでした。


しかしご遺族は終わった後で
何か違和感がありぎおん浄廟に
聞いてみたとのことでした。


何という事でしょうか。


同じ業界のものとして非常に
恥ずかしい思いをしています。


はっきりとは申し上げませんが
色々な意味でです。


もし知識がないのであれば
知識をつけて下さい。


会社であれば知識がつくような
教育をして下さい。


知識があって意図的にこのような
ことを行っているのであれば
即刻やめてください。


「死」は必ず誰しも1回は
経験するものです。


人口から考えるとこれからは
大幅に増えてくることでしょう。


しかし本人にとって「死」は
1回しかありません。


それに携わる業界の人間として
もっと尊厳をもってもっと慎重に
もっと丁寧に対応するべきです。


私達も今まで、そしてこれから
多くの死に直面していきます。
ほとんどが我々の先輩方々です。


日本には「長幼の序」という
言葉があります。


辞書を引けば「年長者と年少者との
間にある秩序または子供は大人を敬い
大人は子供を慈しむというあり方」
とあります。


見知らぬ他人でも今まで
日本の為に後輩の為に
頑張ってきてもらった先輩達に


今まで有難うございましたという
感謝の気持ちを持つべきでは
ないでしょうか。


まだまだ若輩者ですが先輩方々に
代わって頑張りますという謙虚な
気持ちを持つべきではないでしょうか。


この業界の何%の方がそういった気持ちで
いらっしゃるでしょうか。


一人一人の考え方や気の持ち方で
前述したような事案は防げると思います。


「感謝の気持ちをあらわす」ことと
「謙虚であること」を心がけ、実践せよ
ということも、先輩達から教えていただいた
ことです。


今のぎおん浄廟があるのも皆様のおかげです。


感謝です。


(ぎおん浄廟ブログ「どんな格安なお墓より納骨堂が好まれる理由」から引用)

この記事を書いたプロ

宮本伸久

宮本伸久(みやもとのぶひさ)

宮本伸久プロのその他のコンテンツ

Share

宮本伸久プロのその他のコンテンツ