マイベストプロ広島
宮岡正朗

身体の声を聴き、元氣をナビゲートするプロ

宮岡正朗(みやおかまさあき) / 整体師

げんき快福堂

お電話での
お問い合わせ
0823-73-7001

コラム

パーム油を知らないと、環境破壊に加担している…?

2022年6月22日

テーマ:健康情報

コラムカテゴリ:美容・健康

頭痛・肩こり・腰痛解消なら呉市広の整体師:宮岡です。
今回の話題は、「パーム油を知らないと、環境破壊に加担している…?」

今回は、油・・・パーム油についてのお話です。
パーム油という言葉に馴染みがないかもしれませんが
加工食品に含まれていることが多く、知らず知らずのうちに
口にしているかもしれません。

パンやサプリメントなどの加工食品、石けん、洗剤、化粧品など
様々な商品にパーム油が使用されています。 
 
現代人の暮らしに密接するパーム油が
実は、熱帯林減少の最大の要因になっているようです。


日本では、馴染みの薄い熱帯雨林ですが
赤道に沿って広がる熱帯雨林は、世界の森林の40%を占めると言われています。

その熱帯雨林が、減少の一途を辿っています。
熱帯雨林の減少は、地球の温暖化が加速します。
熱帯雨林に画技らず、森林は二酸化炭素を吸収して、酸素を放出しています。

熱帯雨林に限らず、森林が少なくなると、森林は、土に染み込んだ水を
吸い上げる力が弱くなり、葉から蒸発させて大氣に還元するという
本来の循環が崩れてしまいます。

すると、地球全体の大氣が不安定になり、異常氣象に繋がる恐れがあります。

熱帯雨林に限らず、森林には多くの生物が生息しています。
森林が減れば、生物は住む場所を失い、やがては絶滅に追い込まれます。

その他にも、土砂崩れや洪水などの災害の増加が懸念されます。


熱帯雨林減少の原因のひとつとされる「パーム油」ですが
パーム油は世界で一番多く使われている植物油です。

アブラヤシの木になる「果房」と呼ばれる果実の房が
パーム油の原料になります。

アブラヤシは、本来、西アフリカ原産の植物です。
それが、100年以上も前に東南アジアに輸出されて
現在はインドネシアとマレーシアを中心に熱帯の国々で栽培されています。

繰り返しですが、パーム油を使っていないと思っていても
実は、スーパーマーケットに並ぶ商品の多くに含まれているとされています。

例えば、菓子パンやポテトチップスなどの加工食品などです。
その他に食品以外では、洗濯、掃除用の洗剤やシャンプー、石けんなどには
主成分としてパーム油が含まれています。


ただ、原材料に、パーム油が「パーム油」と表示されていないこともあるため
その存在を知らない人も多いようです。

実際の原料表示では
食品では…「植物油」「植物油脂」「ショートニング」「マーガリン」「グリセリン」
洗剤などでは…「界面活性剤」

などと表示されていることが多いです。

ただし、本当にパーム油が含まれているかどうかは
製造者に直接確認するしか方法がありません。


パーム油がなぜ熱帯雨林を減少させるのでしょうか…?

パーム油の主要生産国であるインドネシアやマレーシアは
地球で最も生物多様性の豊かな熱帯雨林が広がる国です。

しかし、その美しい熱帯雨林の多くが
パーム油の原料となるアブラヤシを栽培するために大規模に火入れをして
伐採されています。
多くの熱帯雨林が消失しています。


パーム油の生産が熱帯雨林減少に繋がるからと言って
パーム油の使用をやめることが問題解決に繋がるという話ではありません。

日本では原材料としてパーム油を使用している商品は
食品から日用品まで多岐に渡ります。

そしてパーム油を排除したとしても、パーム油のように
生産性の高い油に匹敵する油脂は現在のところないのが現状です。

現時点では、パーム油の使用をゼロにするということは現実的ではありません。


現在のところパーム油の引き起こす問題について
最適な解決策とされるのは、持続可能なパーム油である
「RSPO認定のパーム油」を選ぶことでしょう。

RSPOとは、Roundtable on Sustainable Palm Oilの略です。
「持続可能なパーム油のための円卓会議」を指します。

RSPO認定のパーム油という商品は、まだ一般的には普及していませんが
まずはパーム油の生産とそれを選ぶ消費者の意識が変わることで
徐々に増えていくでしょう。


パーム油の別表記である
「植物油」「植物油脂」「ショートニング」「マーガリン」「グリセリン」
などの食品添加物は、健康を害する危険性も指摘されています。

自分や家族の健康を脅かす毒は、極力、口にしない方が無難です。



「知らなかった」では済まされない時代が来ています。
子供や孫の世代まで、美しい地球を受け継いでいくことが大切です。

混沌とした時代だからこそ、大切にしたいものがあります。


今回は、パーム油についてお話しました。
少しでもお役に立てれば幸いです。
ご精読ありがとうございます。

この記事を書いたプロ

宮岡正朗

身体の声を聴き、元氣をナビゲートするプロ

宮岡正朗(げんき快福堂)

Share

関連するコラム

宮岡正朗プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0823-73-7001

 

営業時間以外は、携帯電話で対応いたします。090-4696-5521
電話に出ない場合は留守番電話に伝言をお願いします。折り返し連絡します。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮岡正朗

げんき快福堂

担当宮岡正朗(みやおかまさあき)

地図・アクセス