マイベストプロ広島
宮岡正朗

身体の声を聴き、元氣をナビゲートするプロ

宮岡正朗(みやおかまさあき) / 整体師

げんき快福堂

お電話での
お問い合わせ
0823-73-7001

コラム

鼻水も無理に止めるのは、よくないです。

2021年1月13日

テーマ:健康情報

コラムカテゴリ:美容・健康

頭痛・肩こり・腰痛解消なら呉市広の整体師:宮岡です。

今回の話題は「鼻水も無理に止めるのは、よくない」です。
先日、来店いただきましたお客様との会話からの話題です。

風邪をこじらせた…とのことでした。
平熱ではあるものの、鼻水が出るとのことでした。

コロナ禍のマスク生活もあって
鼻水が出ることで、更に不快になっているので…

「鼻水を止めるツボはありますか?」
と、質問をされました。

鼻水を止めるツボはあるには、あるのですが
無理に鼻水を止めるのは身体によくないです。


鼻水が出るには、理由があります。


鼻は、匂い(臭い)をかいだり、呼吸をする役割があります。
どちらも生きていく上で、重要な役割です。

ちなみに
匂い…快適な「におい」 例えば…ラベンダーの匂い
臭い…不快な「におい」 例えば…おならの臭い


それ以外の重要な役割として
鼻から吸い込んだ空氣が肺に送られる前に
適切な温度や湿度になるよう調整する機能があります。


吸い込んだ空氣中に含まれる異物があれば
それを取り除くフィルターのような機能があります。

天然のマスクです。

余談ですが、コロナ禍で、マスクの着用を義務づけられますが
鼻で呼吸をすることで、人工のマスク以上の役割を果たします。

人工のマスクをしていても、生き苦しくて、口呼吸をしていては
吸い込んだ空氣中に含まれる異物の侵入を許してしまう危険性があります。

鼻のフィルターとしての役割は
外部から細菌やウイルス、花粉・ハウスダストなどの異物が
鼻から侵入し、攻撃を受けて、鼻の粘膜が炎症などを起こした場合に
鼻水として、異物を体外へ排出しようとします。


外部からの侵入者に対する防御反応です。


だから、やみくもに鼻水を止めてしまうと
外部からの侵入を容易く許してしまうでしょう。


細菌やウイルスが侵入してくると、色んな病気や症状を引き起こします。
(ウイルスによっては、鼻のフィルターでは防げないものもあります。)


これは、鼻水だけでなく、発熱も同じことが言えます。

一般的なウイルスや菌は、35℃から36℃の温度で活発に動きます。
37℃を超えると、活動が鈍ります。

だから、平熱よりも体温を上げて、ウイルスや菌に対抗します。

もし、この際に、解熱剤などの薬で、強制的に体温を下げると、どうなるでしょうか?


細菌やウイルスなどの侵入に対して
体温を上げて、侵入を防ごうとしているのに

体温を強制的に下げると、細菌やウイルスの侵入を手助けしています。


これが、無理に熱を下げてはいけない理由です。


薬で強制的に鼻水を止めたり、体温を下げるのは、危険です。
病気を招いたり、症状を長引かせたり、悪化させる要因です。


風邪を引いたと感じた時は
栄養のある物を食べて、早めに寝ることです。


疲れやストレスが溜まっている状態では
免疫力も低下しています。

不安や恐怖があると、なおさら免疫機能が低下します。


薬は、あくまで応急処置です。
薬は毒です。

薬は、一時的に飲むのはやむを得ないですが
継続的に飲むのものではありません。
「薬とは長い付き合い」…ではありません。

もしも、体温が40℃を超えるようなら、薬の力を借りてもいいでしょう。
それよりも、病院を受診した方がいいかもしれません。

薬を飲むなら、用法用量を守りましょう。
早く効果を出したくて、大量に飲んでも意味がありません。
意味がないどころか、逆効果です。

繰り返しますが、薬は毒です。
必要最低限にとどめましょう。


横道にそれましたが
高熱が出るのも、鼻水が出るのも、理由があります。


「なぜ、鼻水が出るのか…?」
その理由から考えると、正しい行動が見えてくると思います。

それが、身体をいたわることにつながります。
身体からのメッセージを受け取れます。

身体の声に耳を傾けていると、大病をしなくなります。


コロナ禍で、社会がギスギスしています。
緊急事態宣言も各地で出されて、不安になっている人もいるでしょう。

不安になればなるほど、免疫機能が低下します。
自分の自然治癒力を信じて
栄養のあるものを食べて、充分に睡眠をとりましょう。
リラックスする時間を確保しましょう。

身体の声を聴きながら、自然の赴くままに生きるのが望ましいです。


ご精読ありがとうございます。

この記事を書いたプロ

宮岡正朗

身体の声を聴き、元氣をナビゲートするプロ

宮岡正朗(げんき快福堂)

Share

関連するコラム

宮岡正朗プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0823-73-7001

 

営業時間以外は、携帯電話で対応いたします。090-4696-5521

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮岡正朗

げんき快福堂

担当宮岡正朗(みやおかまさあき)

地図・アクセス