マイベストプロ広島
宮岡正朗

身体の声を聴き、元氣をナビゲートするプロ

宮岡正朗(みやおかまさあき) / 整体師

げんき快福堂

お電話での
お問い合わせ
0823-73-7001

コラム

身体のために、これだけは禁止・・・

2020年9月16日

テーマ:身体の仕組みについて

コラムカテゴリ:美容・健康

こんにちは。
頭痛・肩こり・腰痛解消なら呉市広の整体師:宮岡です。

今回の話題は「身体のために、これだけは禁止・・・」です。

食べ物でもそうですが、何を食べるかというよりも
何を食べないかの方が大事です。

何を食べないか・・・極論を言うと、毒を食べないことです。
毒を好んで食べる人はいない・・・とツッコミ入りそうですが
タバコやお酒も、堂々と販売されていますし
幼児向けのお菓子にも、毒が入っています。

残念ながら、日本の法律では、全ての毒を販売禁止にしていないです。
毒を食べるのか、食べないのかは、自己責任です。

これを前提に、身体のために、これだけは禁止したいことについてお話します。


●食生活の乱れ・・・食べた物…吸収した物から、身体は作られます。

こんな物は、注意してください。

・インスタント食品
特にカップ麺は、入っている容器(プラスティック)が体内に蓄積されます。
食べる際に、熱湯を注ぐかと思いますが、熱でプラスティックが溶けます。

溶けたプラスティックも、一緒に体内に入ります。
体内に入ると、プラスティックは、排泄されず残ります。
そのまま体内を循環するので、血液がドロドロになります。
そうなると、血管に負担が掛かり、硬くなります。血圧が上がります。
そして、血管を傷つけます。

細い血管は、詰まることがあります。
脳や心臓は血管が細いです。

脳こうそくや心筋こうそくの原因です。


・食品添加物
低コスト(時間と手間をかけずに)製造するために使用されます。
また、食品を長持ちさせたり、見栄えをよくする目的で使用します。

その代償として、身体に負荷をかける場合が多いです。
欧米では、食品添加物の使用規制がありますが、日本では野放しです。

食品の原材料表示を確かめて、買いましょう。
国は責任を取ってくれません。自己責任です。

原材料表示は、含有成分の多いものから表示されます。

特に「マーガリン」と「ショートニング」は避けましょう。

「食べるプラスティック」とも言われいます。
欧米では、使用を禁止している国もあります。

「マーガリン」と「ショートニング」は
肝臓で解毒・処理できず、体内に蓄積していきます。
血液がドロドロになり、血管を傷つけ、脳こうそくや心筋こうそくの原因です。

ファーストフードフード(ハンバーガーやポテト、スナック菓子)は
食べないようにしましょう。老化も加速します。

ファーストフードフードの摂りすぎは
コカインやヘロインといった薬物中毒に似た症状が出ます。

ゼロカロリーと表示がある食品は、人工甘味料が使用されています。
人工甘味料は、砂糖の数百倍の甘さがあります。

人工甘味料の摂りすぎは、舌が麻痺(マヒ)して、甘さに鈍感になりますので
肥満の原因です。

砂糖も、日持ちをさせるための食品添加物です。
摂り過ぎは危険です。


・冷たい飲食物の摂取
アイスクリームや氷、冷たい飲食物は、胃腸に負担をかけます。
胃腸の温度が、約7℃下がります。

血糖値も、血圧も上がり、ガン細胞が活発化します。
便秘や冷え症の原因にもなります。


・薬を多種類飲む
基本的に「薬は毒」です。
病源菌(毒)に対して、薬(毒)を持って制するのが投薬治療の基本的です。
毒なので、必ず副作用があります。


・安価なサプリメントを多種類飲む
有効成分の他に、大量の食品添加物が入っています。
低価格のサプリメントは、有効成分よりも、食品添加物が多い製品があります。

また、「痛み止め」や「下剤」の成分が入っている製品もあり
飲むとかえって不健康になる場合もあります。


・栄養ドリンク・エナジードリンクを愛飲
肝機能を助ける成分が入っていますが
食品添加物も大量に入っていているので、解毒のため、肝臓に負担を掛けます。
カロリーも高いので、カロリーオーバーになりやすいです。
カフェインの含有量も多いので、注意が必要です。


・お酒を飲む
アルコールを分解するのに肝臓に負担がかかります。
同時にアルコールと同量の水分を必要とします。
また、膵臓(すいぞう)にも負担をかけます。

水分が不足した場合は血液から補います。
そのため、血液がドロドロになります。

お酒と一緒に食事をした場合は
アルコールを分解することを優先するので
食べた物は、いったん、貯蔵されます。

貯蔵とは、ぜい肉として保管されます。
すなわち、太ると言うことです。

飲んだ後の、締めのラーメンやスイーツは、肥満を加速させます。
太りたい人は、是非どうぞ。


・ヘビースモーカー
タバコの主な有害物質は、ニコチンと一酸化炭素です。
ニコチンは中枢神経を興奮させ、血管を収縮させて、血流を悪くします。

一酸化炭素は、血液中の酸素運搬の邪魔をします。

自分だけではなく、副流煙で、周りの人の健康を害します。
それでもタバコを吸いますか?


・カフェインの大量摂取
コーヒーや紅茶、緑茶、コーラなどに含まれるカフェインは
本来は植物自身が生み出した、「食害を防ぐための毒」です。

適度の摂取はリラックス効果がありますが
過度の摂取は血圧を上げて、身体に負担を掛けます。
夕方以降に飲むと、夜の睡眠に影響を及ぼすので、控えましょう。


・早食い・よく噛まない・ながら食事
よく噛まないと食べ物が唾液と絡まず、消化・殺菌しにくくなります。
不規則な時間やダラダラ食べるのも、胃腸に負担をかけます。
「ながら食事」とは、テレビを見ながら、雑誌を読みながら、食べることです。
「ながら食事」は、消化が悪くなるので、胃腸に負担を掛けます。

寝る前に食べると睡眠の質も下げます。


・肥満、冷え体質、甘み依存症
食べ過ぎによる肥満は、脚腰・ひざへの負担が大きいです。
暖かい土地で取れる作物は、身体を冷やす効果があります。
例えば、バナナやパン、珈琲など、食べ過ぎに注意しましょう。

甘い物を食べすぎると、糖分を分解するのに多くのエネルギーを消費します。
また、太ります。肥満を加速します。


●睡眠の乱れ
寝ている間に重要なことが行われています。

・睡眠時間が足りない
適切な時間は人ぞれぞれで違いますが、一般的に、6時間必要です。


・夜型の生活
夜中に細胞のメンテナンスをします。
その時間に起きていると、メンテナンスが不充分になります。
特に、午前2時~3時の間は、活動を避けたほうがいいです。

基本はシンデレラ睡眠(日付が変わる前…午前0時前の就寝)です。


・日勤、夜勤の頻繁なシフトによる不規則な睡眠
日勤・夜勤の交代勤務は、昼夜が逆転しますので、生活のリズムが乱れます。
内臓の疲労もとれず、身体にも過度の負担がかかります。
自律神経も乱れます。


●息の乱れ
息…漢字の組み合わせは、自分の心です。
息は自分の「心の鏡」…心と身体の状態を表します。


・息が浅い
息をしないと死にます。
息すなわち、酸素の量が少ないと、活動量は低下します。
車で例えると、ガソリンが少ないと力強く走れません。

深く息をしましょう。
息を深くすることは、心を整えることです。
息とは、自らの心です。
深く息をして、息を整えることで、ココロも身体も整ってきます。


●生活習慣の乱れ
まさしく、生活習慣病です。


・強く「もむ」「たたく」行為をする
強い力でもんだり叩いたりすると、その部位がその強い刺激に対抗するために
筋肉を硬くさせる「防御反応」をとります。

したがって、もめばもむほど、その部位の筋肉は硬くなり
血流が悪くなり、骨や関節を歪める原因にもなります。

また、もむ側の手も疲れます。

氣になる場合は、さすりましょう。さするだけで、表面の血流が改善します。
手にも負担が少ないです。


・運動不足
身体を動かすことで、静脈(心臓に戻る血液)の循環を図っています。
ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれる理由がこれです。
運適な運動をしないと、血液循環が悪くなり、筋肉も硬くなり、痩せます。
当然、体力も低下します。

運動のし過ぎも注意が必要です。
30代ぐらいまでは、毎日、運動をしてもいいですが
60代を超えると、週に2~3回程度です。
頻度が多いと、筋肉が回復せず、肉離れや痛みの原因になります。


【無意識にやってしまいがちな行動】
どの行動も身体に負担を掛けて、首や背骨を歪めます。

●(座って・横向きで寝た姿勢で)ひじをつく
●コタツやソファーで横になって、ひじをついてテレビなどを見る
●床に置いて、パソコンや本を読んだり、操作する
●電車やバスでの移動中、本を読んだり、スマートホン・携帯電話を操作する
●寝転んで本や新聞を読む・スマートホン・携帯電話を操作する
●脚を組む・横座り(特に、電車やバスでの移動中)
●長時間、同じ姿勢を続ける(立つ、座る、しゃがむ、パソコン操作など…)



いかがでしたか?
無意識のうちに、身体に負担を掛けて、身体を壊す行為をしていませんでしたか?

出来ることから始めて、続けていきましょう。

「ローマは一日にして成らず」
「健康も一日にして成らず」

日々の積み重ねが大事です。

長くなりましたが、今回の話題は「身体のために、これだけは禁止・・・」でした。
ご精読ありがとうございます。

この記事を書いたプロ

宮岡正朗

身体の声を聴き、元氣をナビゲートするプロ

宮岡正朗(げんき快福堂)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

宮岡正朗プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0823-73-7001

 

営業時間以外は、携帯電話で対応いたします。090-4696-5521

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮岡正朗

げんき快福堂

担当宮岡正朗(みやおかまさあき)

地図・アクセス