まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ群馬
岩渕デボラ

日本語の細かなニュアンスを正確に英語で伝える翻訳家

岩渕デボラ(いわぶちでぼら)

有限会社南向き翻訳事務所

コラム

『あいさつ・あいづち・あいきょうで3倍話せる英会話』の初レビュー

2013年11月7日

新しい本の出版から2週間ほど、amazon.co.jpで初レビューをいただきました。
あんぱんださん、ありがとうございます!

「発売まもない本なんですね。
英語をのんびり学習中の私の進歩のなさを見かねてか、
職場の先輩がプレゼントしてくれました。(ありがたい…!)

一番苦手な「頑張って」や「この間はどうも」など、
メールなどで書きたいのに言い方がイマイチ分からなかった
ちょっとした一言の例が、その使い方別に色々(沢山!!)
掲載されていて、早速メールに使っています。

上から目線で「ネイティブならこんな風には言いません」的な
本だと、小心者の私は途中で力尽きてしまうのですが、
作者さんたちの体験からの具体的なアドバイスが
心底親切な内容なので、
「うんうん、あるよね、こういう場面」と
うなずきながら最後まで読み通せました。

英会話の本ではありますが、「挨拶」の表現など、
短い2,3行のメールに付け足すと、何となく文面が
つっけんどんにならず、いい感じに使えます。
お葬式でのお悔やみの言い方やお見舞いでの励ましの言葉まで載っていて、
「ああ、この本がもっと早く出ていたら、
あの時ちゃんと英語で言葉をかけてあげられたのに…」
と昔の恥を思い出してしまいました。

P165の、「1階の玄関までお見送りします」
Let me walk you downstairs.
「どうぞ、そのままで結構ですから。こちらで失礼します。」
There's no need for that. I'll say good-bye here.
というのも、こういう風に返せばよかったんだ、と知り、
モヤモヤがスッキリした部分。
またViewpointという小さなコラムにも発見がいっぱい。
p21の「lady」と「ladies」の違いなど、
今まで自分が間違って使っていた
(そして誰も直してくれなかった…)ことに気づいて、
またしても赤面してしまいました。

周りにネイティブ・スピーカーの方がおらず、
直接英語を話す機会が少ない、でも時々接する時に
あいそよくしたいんだけど、言葉に詰まる
という私のような学習者にうってつけの一冊だと思いました。
(プレゼントしてくださったIさん、本当にありがとう)
机の横に置いて、何度も読み返すことになりそうです。」

この記事を書いたプロ

岩渕デボラ

岩渕デボラ(いわぶちでぼら)

岩渕デボラプロのその他のコンテンツ

Share

岩渕デボラプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
027-221-1232

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩渕デボラ

有限会社南向き翻訳事務所

担当岩渕デボラ(いわぶちでぼら)

地図・アクセス

岩渕デボラのソーシャルメディア

rss
ブログ
2014-06-07

岩渕デボラのソーシャルメディア

rss
ブログ
2014-06-07

岩渕デボラプロのその他のコンテンツ