マイベストプロ群馬
笛木貴

歯科医療の本質を追求する職人気質の歯科医

笛木貴(ふえきたかし) / 歯科医

医療法人優貴会 万代歯科診療所

お電話での
お問い合わせ
027-243-0648

コラム

「最新」の治療法は「最良」の治療法か?

2016年3月1日 公開 / 2017年8月15日更新

コラムカテゴリ:医療・病院

万代歯科診療所ブログ 「最新」の治療法は「最良」の治療法か? 

歯科医療を受診しようとする際に
『 最新・最先端の歯科治療の導入!! 』ときくと
思わずその治療法を受けてみようかな…という気になってしまいやすいものです。

しかし、歯科医療における歴史を振り返ると
『 最新・最先端の歯科治療 』なるもののうち
その後、確実性が認められ、多くの歯科医師が採用されていく治療法と
数年の後に廃れてしまう治療法があります。

実は、数年程度で廃れてしまう方が、かなり多いのです。

特に
・テレビ等のマスコミで特集を組まれている
・『 最新・最先端 』の文言が協調されている
・『 歯を削らない治療 』の文言が協調されている
・『 スーパードクター 』なる表現で紹介される

このような場合は、特に注意が必要です。
(というよりもやめておいた方がいいです。)


★ えっ?最新・最先端ではダメなの?

最新・最先端という事は
まだ臨床症例実績が少ないということです。

今後も長きにわたって多くの歯科医師が採用していく治療法になるのであれば
『 いち早くその治療法を受けた! 』事になりますが

その治療法が廃れてしまった場合は
このようなものにすぐに飛びつくという事は
あなたは、廃れた治療法の『 実験台 になった 』 という事になります。


★ えっ?歯を削らない治療ではダメなの?

ここで問題なのは
あなたの歯の状態を診てもいないのに
『 歯を削らない 』と言っていることが問題なのです。

『 歯を削らない! 』 って聞くと、皆様はうれしい気分になりますよね。
歯科医師側も当然そのことを把握しています。

『 誤解を招くもとだから、過剰な期待を持たせる表現はやめておこう 』
と思う歯科医師もいる反面、全く思わない歯科医師もいます。

口腔内の健康を願い、物事の本質を見分けられるあなたは
今後どちらの歯科医師に、自身の身体を委ねますか?

万代歯科診療所ブログ 「最新」の治療法は「最良」の治療法か? 

この記事を書いたプロ

笛木貴

歯科医療の本質を追求する職人気質の歯科医

笛木貴(医療法人優貴会 万代歯科診療所)

Share

コラムのテーマ一覧