マイベストプロ岐阜
渡邉ひとし

企業の将来に目を向ける未来志向型の経営戦略のプロ

渡邉ひとし(わたなべひとし) / 経営コンサルタント

株式会社未来デザインカンパニー

コラム

第463話 <ドン・キホーテ>のビジネスモデル

2022年1月10日

テーマ:ビジネスモデル マーケティング

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 経営戦略ビジネスモデルマーケティング戦略

【ドン・キホーテのビジネスモデル】

おはようございます。
今日も読んでいただき有難うございます。

隔週月曜日に企業の事例をもとに
ブログとメルマガを発行しています
経営戦略コンサルタント渡邉ひとしです。

2022年1月4日(日本時間5日)
米国ラスベガスの
テクノロジー見本市「CES」で

ソニーグループの吉田憲一郎社長は
電気自動車への参入を
本格検討すると表明しました。

その舞台に登場した電気自動車は
『エンターテインメント技術のSONY』
のイメージを裏切らない試作車でした。

自動車から『移動(モビリティー)』へ
クルマの概念は大きく変わりつつあります。

「まだまだ先だろう」と思っている人も
少なくないと思いますが
もう目の前に迫って来ています。

社会や時代の変化は
ひと昔前の10年が今や5年
いや3年ぐらいまで縮まっています。

今春にも新会社となる
<ソニーモビリティ>を設立すると
吉田社長は述べています。

<Apple>が静かなのも不気味ですが
『Appleカー』の発表も
それほど先のことでは無いでしょう。

電気自動車の次は
『自動運転のクルマ』
そして『空飛ぶクルマ』の発表です。

中小企業も大企業も
日本の市場に於いては

同じ『外部環境』のもとで
懸命に営業活動をしています。

大企業の課題や
経営手法を観察することで
自社の経営に活かしてください。

今日の企業事例は第463話
<ドン・キホーテ>です。



(*写真はイメージです)
==============================

総合スーパーマーケットを展開

==============================


1978年に
創業者の安田隆夫氏が『泥棒市場』を
東京・杉並区に開業しました。

1980年9月に
卸売業を主体とした
<ジャスト>を設立しました。

1989年3月に
小売業へ業態転換して『ドン・キホーテ』
第1号店を出店しました。

1995年9月に
<ドン・キホーテ>へ商号を変更しました。

2001年10月に
<そうご電器><第一家庭電器>と
業務・資本提携しました。

2006年2月に
<ダイエー>のハワイ子会社を譲受し
初の海外店舗・4店を取得しました。

2007年10月に
スーパーマーケットチェーン
『長崎屋』を子会社にしました。

2013年12月に
<ドン・キホーテ>の持株会社移行に伴い
<ドンキホーテHD>へ商号を変更し

<ドン・キホーテ分割準備会社>が
事業を継承し<ドン・キホーテ>に
商号を変更しました。

2017年8月に
<ユニー・ファミリーマートHD>と
業務資本提携を締結しました。

2017年11月に
<ユニー>との共同出資により
<UDリテール>を設立しました。

2019年1月に
<ユニー>を完全子会社としました。

2019年2月に
<パン・パシフィック・
インターナショナルホールディングス>
に商号を変更しました。



=============================

<ドン・キホーテ>のビジネスモデル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*以下の記事は<ドン・キホーテ>
及び持株会社<パン・パシフィック・
インターナショナルHD>の内容です。

=============================


2020年7月に
台湾の<ファミリーマート>子会社の
<全家便利商店>への出資を発表しました。

両社の知見を生かして新たな業態や
商品の開発を台湾で進める考えです。

2020年7月に発表した
『2020年6月期』の連結営業利益は
前期比15%増の見込みでした。

新型コロナウイルスへの対応で確保した
マスクや消毒液などの販売が好調で
在宅に伴い需要が増えた商品も伸びました。

マスクなどの衛生用品の在庫を確保し
店頭に供給し続けることで呼び水となり
関連消費も取り込むことができました。

業績好調だった訪日客の需要が
コロナ禍でほとんど消えましたが

グループの総合スーパー<ユニー>が
食品を主力として販売が伸びたため
32年連続の営業増益が見込めています。

2020年9月に
<愛媛県>と県産品の海外販路開拓を
目的とする包括連携協定を結びました。

これまでも県産品フェアの
開催などで協力してきましたが

米国やアジアで展開する店舗で販売する
農水産物などや海外向け商品の開発
観光PRなど幅広く協力する考えです。

2020年10月に
<鹿児島県>と県産品の海外販路開拓を
目的とする連携協定を結びました。

東南アジアなどで展開する
店舗を活用したフェアなどを通じて

『KAGOSHIMA』ブランドの認知度を高め
販売量の拡大につなげる狙いです。

サツマイモが主体ですが
<鹿児島県>は農産品のほか

牛肉や豚肉などの畜産品や
養殖ブリなど水産品の
輸出拡大にもつなげたい考えです。

2020年10月に
香港に『ドンドンドンキ』の
4号店を出店しました。

香港でも大規模デモや
新型コロナウイルス感染拡大で

高級ブランド店などが撤退して
賃料が下がったところへ出店し

2021年2月までに
さらに2店舗増やす考えです。

2020年10月に
日本の農畜水産品を輸出する
会員制組織を立ち上げました。

2030年の海外売上高1兆円を目標とし
商品戦略の柱となる
日本産品の調達網を構築するため

『パン・パシフィック・
インターナショナルクラブ』
を発足しました。

東南アジアや米国などに
51の海外店舗を持ち

日本のイチゴやリンゴ
精肉などの売上は好調で

定期的な商談や直接取引契約で
安定的な生産計画を
立てられるようにして

市場環境に左右されず
安定した量と価格で
日本産の生鮮食品を調達する狙いです。

2020年11月に
宮崎市中心部に生鮮品なども扱う
大型店舗の開業を発表しました。

『MEGAドン・キホーテ宮崎橘通店』は
2月に買収した<橘百貨店>が運営し

単身者やファミリー客を中心に
幅広い集客を目指しています。

2020年11月に
『アピタプラス』を愛知県岩倉市に
改装開業しました。

直営の面積を改装前より2割増やし
価格設定や仕入れ
売り場づくりで現場に権限を移譲し

<ドン・キホーテ>流で『個店経営』を
進める総合スーパーの新ブランドです。

2021年2月に
米国<GRCYホールディングス>の
全株式の取得を発表しました。

カリフォルニア州で高級スーパー
『ゲルソンズ』を展開していますが

日本産の農産物や
加工食品の販売を増やす狙いです。

2021年3月に
東南アジアの配車大手である
<グラブ>と提携しました。

<グラブ>のアプリの
買い物機能『グラブマート』を通じて

『ドンドンドンキ』の商品を
注文できるようにしました。

オンラインで足場を築き
より多くの消費者に接近する狙いです。

2021年5月に発表した
『2021年1~3月期』の連結決算は
純利益が前期比35%増でした。

総合スーパー<ユニー>の好調に加え
<ドン・キホーテ>も
郊外型店舗が回復して来ました。

2021年8月に
広島県福山市に中四国地方で最大規模の
大型店舗をオープンしました。

『MEGAドン・キホーテ松永店』は
ファミリー層などを中心に
幅広い集客を目指します。

2021年8月に発表した
『2021年6月期』の連結決算は
純利益が前期比8%増でした。

<ユニー>は外食の代替需要を取り込んだ
生鮮食品のほか日用品が伸びて
営業利益が3%増え増したが

<ドン・キホーテ>など
ディスカウント事業は
訪日客需要の消失に苦しんでいます。

2021年12月に
タイで『ドンドンドンキ』4号店を
開業しました。

タイから撤退した<東急百貨店>が
入居していた首都バンコクの商業施設
MBKセンターの跡地に入りました。

「なかなか旅行に行けないなか
日本の気分を味わってもらいたい」

とドンキ・タイランドの
島貫洋輔社長は挨拶をしました。

2021年12月に
プライベートブランドの刷新を
進める考えを表明しました。

プライベートブランドの『情熱価格』は
2月からリニューアルなどを進めていますが

さらにテレビや美容家電といった家電製品
食品や衣料品でも
商品開発を加速させる考えです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆☆☆ 無料メルマガ・プレゼント!☆☆☆

今日のブログの続きは
メルマガで読むことができます。

下記をクリックして登録していただけます。
▼【メルマガ登録のお手続き】
https://maroon-ex.jp/fx92396/wRhYJx

*迷惑メールに振り分けられることが
 ありますので受信トレイで『受け取る』
 の設定をお願いします。


===============================

*次回の発行(隔週月曜日の発行)
2022年1月24日月曜日の予定です



===============================


『なぜ、未来志向型経営なのか?』
▼解説のブログはこちらから
https://ameblo.jp/rabbit-g/entry-12458620714.html


『なぜ、大企業の事例が参考になるのか?』
▼解説のブログはこちらから
https://ameblo.jp/rabbit-g/entry-12461658015.html


===============================

◆オフィス
株式会社未来デザインカンパニー 代表取締役
経営戦略コンサルタント
渡邉ひとし

Tel:052-766-6988
Mobile:080-4806-1553
Email:mirai-design@ogaki-tv.ne.jp
〒503-0015 岐阜県大垣市林町7-265-1

ホーム頁:https://mirai.brand-keiei.com
紹介記事1:https://mbp-japan.com/gifu/mirai-designcompany/
紹介記事2:https://humanstory.jp/watanabe_hitoshi/
紹介記事3:https://syoukei-senmon.net/gifu/14457/

(社)ビジネスモデルイノベーション協会
    ビジネスモデルコンサルタント
(社)SDGs支援機構
    SDGsビジネスコンサルタント
(社)日本経営心理士協会
    組織心理士、顧客心理士、
    ビジネスコミュニケーション心理士
   日本経営計画士協会
    経営計画士


========================

<令和2年度迄>
中部大学 人文学部心理学科 非常勤講師
<令和元年度迄>
愛知産業大学 経営学部経営学科
造形学部デザイン学科・建築学科 非常勤講師
<著書>
『ビジネスモデル虎の巻!』

===============================

〔投稿内容〕
文中の企業情報数及びデータなどは
新聞や雑誌、ホームページなどの
公開情報に基づいた記述です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この記事を書いたプロ

渡邉ひとし

企業の将来に目を向ける未来志向型の経営戦略のプロ

渡邉ひとし(株式会社未来デザインカンパニー)

Share

関連するコラム

渡邉ひとしプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-766-6988

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

渡邉ひとし

株式会社未来デザインカンパニー

担当渡邉ひとし(わたなべひとし)

地図・アクセス

渡邉ひとしプロのコンテンツ