マイベストプロ岐阜
渡邉ひとし

企業の将来に目を向ける未来志向型の経営戦略のプロ

渡邉ひとし(わたなべひとし) / 経営コンサルタント

株式会社未来デザインカンパニー

コラム

第451話 <コマツ>のビジネスモデル

2021年7月23日

テーマ:ビジネスモデル マーケティング

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 経営戦略ビジネスモデルマーケティング戦略


【コマツのビジネスモデル!】

おはようございます!

未来志向型 経営戦略コンサルタント
渡邉ひとしです。

『日本資本主義の父』を
ご存知ですか?

2024年から一万円札の肖像に選ばれ
NHK大河ドラマ『青天を衝け』の
主人公でもある渋沢栄一氏のことです。

最近では女子プロゴルファーで
渋沢栄一氏の子孫となる

澁澤莉絵留(しぶさわりえる)さんが
少し話題になりました。

渋沢栄一氏とともに
近ごろ目にすることが多くなった
その人の名前は松下幸之助氏。

幸之助氏が説いた『水道哲学』は
モノの豊かさと心の豊かさが相まって
はじめて人生の幸福につながる

という『物心一如』の考えが
元にありますが

<生産者の使命は
貴重なる生活物資を水道の水のごとく
無尽蔵たらしめること>

という水道哲学の言葉になります。

小学校を卒業することもならず
丁稚(でっち)奉公へ出され

苦難を乗り越えて事業を少しずつ
軌道に乗せて行ったことは
多くの人がご存知と思います。

よく知られていることの一つに
『人たらしである』
という人物評があります。

社員を愛し、人を愛し
人を心から本気にさせる。

没後30年以上経っても
『経営の神様』として慕われ
学ぶことが多い名経営者です。

中小企業も大企業も
日本の市場に於いては

同じ『外部環境』のもとで
懸命に営業活動をしています。

大企業の課題や
経営手法を観察することで
自社の経営に活かしてください。

今日の企業事例は

第451話
<コマツ(小松製作所)>です。


(*写真はイメージです)
==============================

鉱山会社の自家用機械生産のために開設

==============================


1917年1月に
銅山を経営していた<竹内鉱業>が
<小松鉄工所>を開設しました。

1921年5月に
<竹内鉱業>から分離独立し
<小松製作所>が設立されました。

1932年に
<農林省>から要請され日本初の
国産トラクタ―を開発しました。

1950年に
総売上の53%がブルドーザーが
占めるようになりました。

1951年8月に
本社を石川県小松市から
東京に移転しました。

1965年に
ホイールローダーを生産開始しました。

1968年5月に
油圧ショベルを生産開始しました。

2004年に
スウェーデンの<パルテック・フォレスト>
を買収し林業機械の製造販売を開始。

2008年1月に
無人ダンプトラック運行システムを
世界で初めて市場に導入しました。

2017年4月に
米国の大手鉱山機械メーカーである
<ジョイ・グローバル>を買収しました。

2019年2月に
米国林業機械メーカー<ティンバープロ>
の買収を発表しました。



=============================

<コマツ>のビジネスモデル

=============================


2020年1月に
『第8回企業価値向上表彰』の大賞を
<東京証券取引所>から受賞しました。

選定委員会の座長の
<一橋大学>大学院の伊藤邦雄特任教授は

「資本コストを上回る
自己資本利益率などを長期にわたって
経営目標として掲げている」

と評価しました。 

2020年1月に
中国での建設機械の操業再開を
先送りする方針を表明しました。

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて
工場の稼働を延期します。

2020年2月に発表した
『2019年10~12月期』の連結純利益は
前期比23%減でした。

世界的な環境意識の高まりで
石炭採掘の鉱山機械が不振で
減益は3四半期連続となります。

2020年3月に
中国国内での製建設機械の平均稼働時間が
前年同月比30%減少したと発表しました。

新型コロナウイルスの感染拡大で
春節休暇の終了後も
土木工事の再開が遅れています。

欧州など海外6工場での
建設機械の生産を数日間から最大19日間
停止すると表明しました。

各国政府の要請に応じて建設機械の
稼働を見合わせる考えです。

2020年4月に
林業機械事業を拡大する方針を
表明しました。

ブラジルで植林に使う
林業機械の量産体制を整え
試験的に販売を始めました。

建設機械や鉱山機械の
需要が低迷しているため

安定的な需要が見込める
林業向けを伸ばしたい考えです。

2020年5月に
『2020年3月期』の純利益が
前期比40%減と発表しました。

インドネシア向け鉱山機械の
売れ行きが減速し

北米では新型コロナウイルスの影響で
住宅や商業施設の建設が滞ったことで
建機の需要が落ち込みました。

2020年5月に
経営の厳しい協力企業への
支援に乗り出しました。

粟津工場の周辺にある
部品会社などを対象に
在庫を買い取るほか

資金繰りを助けるために
一部の企業への支払いを
現金に切り替えました。

2020年7月に
『シールリング』をつくる新工場を
建設すると表明しました。

基幹部品から潤滑油の漏れを防ぐ
精密部品のシールリングですが

新工場は高性能の生産設備や
人工知能による自動検査装置を導入して
最大5割の省人化を目指します。

2020年8月に
<経済産業省>と<東京証券取引所>より
『DXグランプリ』に選ばれました。

業務を変革し新たな成長や
競争力強化につなげている企業35社を

『デジタルトランスフォーメーション
銘柄2020』に選定したと発表し

<コマツ>と<トラスコ中山>の2社が
『DXグランプリ』に選ばれました。

2020年10月に
遠隔監視システムの外販に
乗り出すと表明しました。

全地球測位システム(GPS)を使った
『コムトラックス』と呼ぶ

遠隔監視装置を標準搭載した建機を
2001年から販売していますが

他社ブランドのダンプトラックに
『コムトラックス』を載せ

位置や速度がわかることで
工事現場での作業効率が上がり
現場管理をしやすくします。

2021年1月に
排ガスを出さない電池駆動の小型ショベルを
2022年に欧州で発売すると表明しました。

軽量で長く稼働できる
リチウムイオン電池を使い

エンジンの代わりにモーターを使い
騒音が少なく排ガスも出ないため

環境規制が厳しい欧州で売り出し
日本での投入も検討する考えです。

2021年1月に
米国で鉱山機械の部品を製造する工場を
3月までに閉鎖すると発表しました。

鉄や銅など『ハードロック』と呼ばれる
資源の採掘に適した
鉱山機械の開発を強化し

『ESG(環境・社会・企業統治)』重視
のなかで脱石炭に向けて動き始めました。

「石炭への逆風は強く
比率を下げていくことが重要だ」

と<コマツ>の
小川啓之社長は述べています。

2021年2月に
4月から従業員が定年時期を決める
選択定年制を導入すると表明しました。

従来一律60歳だった
一般社員の定年年齢を
60歳か65歳で選べます。

60歳でいったん定年退職して
パートタイム型の再雇用として
働く場合には副業も認めます。

2021年4月に
<NTTドコモ>などと建設業界のDXを
支援する新会社の設立を発表しました。

建設業界では就業者の高齢化などで
人手不足が深刻化しているため

<コマツ>の建設機械の
遠隔操作などの自動化技術を

<NTTドコモ>などが持つ
通信やセンシング技術と組み合わせて
高度化し課題解決につなげる考えです。

2021年7月に
建設現場でのダンプトラックの無人走行の
実証実験開始を発表しました。

農業機械の制御を手がける
米国<アグ・ジャンクション>の
自動運転支援技術と

<コマツ>の施工管理システムを組み合わせ
複数のダンプが建設現場で効率的に
自動走行できるようします。

工事の進捗状況によって
ダンプの走行経路が頻繁に変化するため

3次元で地形や施工の進捗状況を把握する
デジタル化サービスも組み合わせることで

最適な配車や走行ルートの選択を
可能にすることができ

二酸化炭素の排出量削減に
つなげる考えです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆☆☆ 以下、メルマガに続く ☆☆☆

今日のブログの続きは
メルマガで読むことができます。

メルマガ登録された方だけに
無料相談(初回のみ)1回の
権利が付与されます。


◎メルマガは下記をクリックして
 登録していただけます。
▼【メルマガ登録のお手続き】
https://maroon-ex.jp/fx92396/wRhYJx

*迷惑メールに振り分けられることが
 ありますので受信トレイで『受け取る』
 の設定をお願いします。


===============================

*次回の投稿は
 令和3年7月30日金曜日の予定です。



===============================


『なぜ、未来志向型経営なのか?』
▼解説のブログはこちらから
https://ameblo.jp/rabbit-g/entry-12458620714.html


『なぜ、大企業の事例が参考になるのか?』
▼解説のブログはこちらから
https://ameblo.jp/rabbit-g/entry-12461658015.html


===============================

◆オフィス
株式会社未来デザインカンパニー
      代表取締役
未来会計型 経営戦略コンサルタント
      渡邉ひとし

Tel:052-766-6988
Mobile:080-4806-1553
Email:mirai-design@ogaki-tv.ne.jp
〒503-0015 岐阜県大垣市林町7-265-1
ホーム頁:https://mirai.brand-keiei.com
会社紹介:https://mbp-japan.com/gifu/mirai-designcompany/

社団法人ビジネスモデルイノベーション協会
      ビジネスモデルコンサルタント
社団法人SDGs支援機構
      SDGsビジネスコンサルタント
岐阜県公認 岐阜県コミュニティ診断士

========================

<令和2年度迄>
中部大学 人文学部心理学科 非常勤講師
<令和元年度迄>
愛知産業大学 造形学部デザイン学科 非常勤講師
<著書>
『ビジネスモデル虎の巻!』
*Amazonでご購入いただけます

===============================

〔投稿内容〕
文中の企業情報数及びデータなどは
新聞や雑誌、ホームページなどの
公開情報に基づいた記述です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事を書いたプロ

渡邉ひとし

企業の将来に目を向ける未来志向型の経営戦略のプロ

渡邉ひとし(株式会社未来デザインカンパニー)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

渡邉ひとしプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-766-6988

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

渡邉ひとし

株式会社未来デザインカンパニー

担当渡邉ひとし(わたなべひとし)

地図・アクセス

渡邉ひとしプロのコンテンツ