まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
小川直樹

永く愛せる家具を販売する家具のプロ

小川直樹(おがわなおき)

家具のふく岳

お電話での
お問い合わせ
058-370-3570

コラム

お買い得な家具とは

家具屋のつぶやき

2015年9月6日

家具にはメーカー希望小売価格という、いわゆる定価がついています。
店員さんに値引き交渉をして沢山引いてもらえたり、
3割~4割も値引きがされていてお買い得な気がして家具を購入されるかたも多いでしょう。

そういった理由で家具を購入する場合、冷静になって家具の品質を見極めてください。
値引きの少ないが販売価格は同じ家具、価格帯の上の家具やもっとお値打ちな家具も座ってみたりとにかく比べて何が違うのか比較してください。
販売価格と品質のバランスが取れているか?値引きは大きいけど本当に品質は良いのか?
値段が高いけど安い家具とはどこが違うのか?冷静にじっくりつ見極めてください。

家具の品質は値引き率に反比例する事が多い


私の家具業界での経験上言えるのは家具の品質は値引き率に反比例する事が多い。
つまり、値引きが少ない家具ほど、品質が良いという傾向にあります。
値引きが少ないと言う事は定価が低くなっていて仕入れ価格が高いと考えられます。
なぜ定価を下げるかと言うと理由は簡単です、メーカーが定価を下げる事で適正な価格でお客様家具が届くようにする為です。
良質な家具でも定価を高くして販売店への仕入れ価格を下げれば何が起きるでしょうか?
販売店が利益を多くのせてより高い価格で販売してしまいます。
販売店の利益が増えた分だけお客様は家具を高く買う事に成ります。


品質の割に仕入が高い有名メーカーもあり絶対ではないが目安になりますよ。
値引き率や有名なブランドメーカーで家具を判断するのでは無く
販売価格に品質がともなっているかシビアに判断してください。
もしお買い得な家具を見分ける自信がなければ、福岳に来てくださいね。
しっかりと価格に見合う価値のある家具を提案させて頂きます。

家具の福岳
小川直樹

この記事を書いたプロ

小川直樹

小川直樹(おがわなおき)

小川直樹プロのその他のコンテンツ

Share

小川直樹プロのその他のコンテンツ