マイベストプロ岐阜
豊田孝幸

お値打ちで質の高い施工をするリフォームのプロ

豊田孝幸(とよだたかゆき)

E-LIFE合同会社

コラム

高齢者が安心して入れるお風呂のリフォーム

年齢を重ねると、若い頃は大丈夫だったお風呂の段差や浴槽の高さにつまずいたり、またぎにくくなったりします。高齢のご両親が入浴時に転倒しないか心配な方も多いのではないでしょうか。高齢者にとって、危険のないお風呂にリフォームするためのポイントをご紹介します。

高齢者ならではの浴室の悩みについて

高齢の方のお風呂の悩みとして、「足を上げにくくなり、浴槽に入りにくい」「手を支える手すりがないとよろけて怖い」などがあげられます。

入浴するときは何度も立ったり、座ったりするため、足腰が弱くなった高齢者にとって転倒の心配があります。それに床も濡れているのですべりやすいので危険です。

高齢者が転倒すると骨折など大けがにつながる可能性もあり、入院や寝たきりになるきっかけになりかねません。

また、冬場は暖房の効いた部屋から、寒い廊下を取って脱衣所へ移動して着衣を脱ぎ、浴室へ入って温かいお風呂へ入浴します。入浴時の気温差により、血圧が上昇するヒートショックの危険性も、高齢者や血圧に不安を持つ人の悩みとしてあげられます。ヒートショックは高齢者の死因のひとつにもなっているので対策が必要ですね。

高齢者がお風呂で滑って倒れたりしないように、安全面に配慮したリフォームがポイントになります。

高齢者が安心して使える浴室のポイント1 広くて段差のないスペース

高齢者の方が元気でひとりでお風呂へ入れる時は、浴室内のスペースは普通の広さで十分ですが、介助や介護が必要になった時のことを考えると、リフォームするときは浴室の洗い場スペースを広くしておきましょう。

車椅子を使用する場合は、1.5坪ほど確保しておくと、車椅子のまま入浴が可能です。

そして、扉も開口部が広いタイプを選ぶことがポイントです。開き戸はドアを開けたり、閉めたりする際、ドア一枚分のスペースが必要になり、デッドスペースが生まれる可能性があります。

引き戸や折れ戸など、ドアをスライドさせるタイプであれば、力が弱い高齢者でも軽い力で開閉することができるほか、無駄なスペースを減らすこともできます。

車椅子の場合は、3枚扉の引き戸タイプなら広い開口部を作れるので、車椅子での出入りもしやすくなるのでおすすめです。

また、脱衣所から浴室への出入り口の段差はなくしておきましょう。ショールームで確認することをおすすめします。

ユニットバスのメーカーは高齢者向けの商品を開発しています。すべて標準仕様ではなく、オプションも多いのでショールームで確認して利用する方の体の状況や、家のつくりなどに合わせて選ぶようにしてください。

高齢者が安心して使える浴室のポイント2 転倒しにくい浴槽や床、手すり

浴室の床は濡れるとすべりやすくなるので、床材はすべりにくい素材を、浴槽はまたぎやすいように、高さをおさえたタイプを選ぶようにしましょう。高齢者が入りやすい浴槽のまたぎこみの高さは約40cmです。この高さを参考にして、検討してみましょう。

さらに、浴槽の縁が広いタイプにしておくと、そこにいったん腰を掛けてから浴槽へと入れるので転倒の危険が減り、バスタブへの出入りもスムーズに行えるようになります。

お風呂の栓もかがんで栓を抜くタイプは体勢が不安定になるので、ボタンを押すだけで浴槽のお湯を排水できるワンプッシュ排水栓がおすすめです。

そして、浴槽の近くには手すりを設置しておくと、出入りがしやすくなります。座る場合や座ってから立つ場合に力を入れやすい手すりの位置や形など、どのタイプがいいか確認して設置しましょう。

また、浴槽の底がすべりやすいとお湯をはった浴槽の中で転倒する危険も出てくるので、浴槽の底もすべりにくいノンスリップ仕様を選ぶようにしましょう。

給湯器は、操作が簡単にできる自動の湯沸かしや追い炊き機能付きのものを選ぶと便利です。

水栓器具もサーモスタット式なら急に熱いお湯がでたり、冷たい水がでたりしないので高齢者も安心してシャワーを使えます。金具でやけどやケガをしないように、露出していないタイプもあります。

高齢者が安心して使える浴室のポイント3 ヒートショック対策やブザー

冬場は温かい部屋から寒い脱衣所や浴室へ移動して、肌を露出することでより寒さを感じます。このときの温度差で血圧が上昇するヒートショックの対策として、冬場は浴室暖房をつけて入浴前にお風呂場の空気を温めることが大切です。

そのためにも、暖房機付きの浴室乾燥機や脱衣所への床暖房などの設置がポイントになります。

また、呼び出しブザーも付けて万が一に備えましょう。

これらのことを参考に、高齢者にとって使いやすいお風呂にリフォームしてください。

この記事を書いたプロ

豊田孝幸

お値打ちで質の高い施工をするリフォームのプロ

豊田孝幸(E-LIFE合同会社)

Share
関連するコラム

豊田孝幸プロのコンテンツ