マイベストプロ岐阜
  1. 水回りに適した壁材はコレ!リフォーム後の生活を楽にする壁
豊田孝幸

お値打ちで質の高い施工をするリフォームのプロ

豊田孝幸(とよだたかゆき)

E-LIFE合同会社

コラム

水回りに適した壁材はコレ!リフォーム後の生活を楽にする壁

2018年7月19日

テーマ:これで安心!水回りのリフォーム

毎日使う水回りの壁は、汚れやすい場所です。浴室や洗面所、トイレは水アカや湿気によるカビも気になるとことです。
水回りは汚れが落ちやすい壁材に変えることで、日々のお掃除をラクにすることができます。

洗面所やトイレなどの水回りの一番の悩みは壁やクロスへの水はね

水回りの悩みで多いのは「水はね」です。

洗面台の周辺の壁は、最も水はねが目立ちやすい場所です。壁材の種類によっては、手アカが付くと取りにくかったり、ほこりが付きやすかったりします。そして、水はねが繰り返されると、つなぎ目からめくれてくることもあります。

また、トイレは清潔感を大切にしたい場所ですが、水はねに加えて尿はねによる壁やクロスの黄ばみも悩ましいところです。トイレは家族が毎日使う場所ですから、こまめな掃除が必要ですね。
こういった場所は、汚れにくい壁材にリフォームすれば、掃除も簡単にラクにできるようになります。

水回りの壁材に使われるタイルのメリット・デメリット

水回りの壁材によく使用される素材がタイルです。防水性や防火性に加え耐摩耗性にも優れているので、酸やアルカリにも強くお手入れがしやすい素材です。銭湯などの床や壁はだいたいタイルが使われているのですが、耐水性が高いからです。抗菌・防汚加工もされているので、汚れがつきにくいのも特徴です。

壁面すべてをタイル張りにすることもありますが、洗面台の周辺の一部をタイル張りにするとアクセントになり、お洒落な雰囲気にアレンジすることも可能です。タイルは陶器質のほか、せっ器質、磁器質などがあり、同じ素材でも防水性、抗菌・防汚性など、違う機能や効果をもたせていることもあります。タイルの特徴に合わせて、どこに使うと最適かを考えて選ぶといいでしょう。

一方で、タイルのデメリットは初期費用が高いことと工期が長くなることです。タイル張りは手間がかかりますし、技術も必要なので時間と費用がかかるのです。

水回りの壁材に使われるビニールクロスのメリット・デメリット

ビニールクロスとはポリ塩化ビニール樹脂の壁紙のことです。ビニールクロスは濡れたぞうきんや洗剤にも比較的強く、毎日の掃除やお手入れがラクにできることが大きなメリットです。そして、防汚、防水、防湿、消臭、通気、マイナスイオン、耐久、耐薬品、蓄光などさまざまな機能を持たせたビニールクロスが販売されています。

それに木目調や織物調、大理石風の石目調、和紙などの紙模様、プリント柄など、多種多様な色やデザインの中から選べることや価格の安さもメリットのひとつです。

しかし、ビニールクロスは部分的な補修には向いていません。防カビ加工されていないタイプは、カビやダニが発生しやすいことも。それに、経年劣化で黄ばみや継ぎ目が剥がれやすくなるので、10年~15年で張り替えが必要になります。

また、独特の臭いもあります。臭いに敏感な方は避けた方がいいかもしれません。各メーカーが低ホルムアルデヒドの研究を進め、環境にやさしいビニールクロスを開発製造していますが、シックハウス症候群やアレルギーなどが心配される方は、専門業者とよく相談して素材を選ぶのが良いでしょう。

水回りの壁材にはあまり適していない紙・織物のメリット・デメリット

紙クロスはパルプを原料にした洋紙タイプの輸入品が多く、プリント加工やエンボス加工されたものもあります。ヨーロッパ風に仕上げる場合は輸入品を、和風の場合は和紙を使ったクロスで内装を彩ることができます。紙を使っているので、音を吸収しやすく空気を通しやすいのが特徴です。

しかし、ビニールクロスに比べると素材が薄いため、下処理がうまくできていないと、下地の目地が出て凸凹になってしまうなど、施工技術が必要です。時間の経過により膨張したり収縮したりする可能性もあります。そのため、紙クロスの施工技術をきちんと備えた業者に相談、依頼すること大切です。デリケートな素材なので、水はねや汚れやすい水回りにはあまりおすすめしていません。

織物クロスは木綿や麻などの自然素材を使ったもの、パルプやポリエステル、レーヨンなどの化学繊維を使ったもの、シルク素材やサテン素材を使ったものなど幅広くあります。破れにくく丈夫で、水に濡れても伸びにくい性質があり、高級感のある雰囲気に仕上がります。

紙クロスと同様に通気性は高いのですが、ほこりが吸着しやすいので水拭きではなく、はたきをかけてお手入れします。汚れがつくと落としにくいので、水回りの使用にはあまり向いていません。

水回りの壁材に使われるパネルのメリット・デメリット

パネルとはボード状の壁仕上げ材のことです。タイル並みの耐水性と耐久性があることが特徴です。

各メーカーがさまざまな工夫を施したパネルを開発製造しています。調湿性、消臭性、抗菌機能を備えたものや化学物質を吸着する機能を備えたものなど、機能も幅広くあります。アンモニアなどの汚れに強い表面仕上げがされているので、黄ばみや汚れが付着しにくく、汚れても掃除がしやすいです。臭いも消えやすいので水回りの壁材として適しています。

色やデザインも豊富にでており、光沢のあるものやマットなもの、石目調や木目調など好みに合わせて選べます。目地も少ないため、お手入れが簡単なことが大きなメリットです。

デメリットとしては、クロスなどに比べると色や柄の種類が多くないことでしょうか。おしゃれにこだわりたい場合は選択肢があまりないかもしれません。また、紹介した壁材の中でも価格が高価なので、費用がかかります。

どの壁材にも、それぞれにメリットとデメリットがあります。水回りの壁材は、掃除のしやすさや汚れにくさなどを考慮して選ぶのがおすすめです。

この記事を書いたプロ

豊田孝幸

お値打ちで質の高い施工をするリフォームのプロ

豊田孝幸(E-LIFE合同会社)

Share
関連するコラム

豊田孝幸プロのコンテンツ