まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
豊田孝幸

お値打ちで質の高い施工をするリフォームのプロ

豊田孝幸(とよだたかゆき)

E-LIFE合同会社

コラム

水回りのリフォームのタイミングは、ここをチェックしろ!

毎日の生活に欠かせない水回りの設備。使用頻度やお手入れの状態によってリフォームするタイミングは変わりますが、大体の目安をご紹介したいと思います。
リフォームのタイミングを逃すとデメリットもありますので参考にしてください。

キッチンをリフォームする時期の目安

キッチンのリフォームを検討されるタイミングは、古いシンクから新しくて便利なキッチンに変えたいと思われる時ではないでしょうか。ほかにも、最新のガスやIHクッキングヒーターなど加熱機器を変更したい、食洗機を導入したい、キッチンの高さを自分に合わせたい、もっと収納を増やしたいなど、使い勝手を良くしたいケースも多いですね。

特に、排水のつまりやレンジフードから異音が発生するなど、システムキッチンの設備に不具合がでてきたらリフォームのタイミングです。

キッチンの設備機器による耐用年数は大体ですがガスコンロ・IHクッキングヒーターで10年~15年ほど、レンジフード・食洗機・水栓・排水管は約10年です。

耐用年数を超えていても使用することは可能ですが、性能が落ちていることが多いです。使い続けることで不具合が起こったり、危険な状態になったりすることも。

耐用年数が過ぎていると修理を繰り返して費用がかさんだり、部品の生産が終了して交換できなかったりするなど、リフォームした方がよいケースもあります。

ですから、毎日調理を行うキッチンは、一般的に耐用年数は10年~20年程度と考えておくといいでしょう。

浴室・洗面所をリフォームする時期の目安

浴室のリフォームを考える目安は築15年以上で浴室のメンテナンスを一度もしていない場合はそろそろタイミングと考えましょう。

特にお風呂の目地などのカビが取れにくくなってきたり、排水口の掃除をしても水が流れにくくなってきたりしたらリフォームを検討する時期のサイン。

ほかにも水栓金具の温度調節が効きにくい、お風呂の壁や床・浴槽にひび割れやサビが出ている、お風呂の外の壁に水が染み出た跡が見つかる、隣の洗面脱衣スペースの床がふわふわしているなどがあれば、早めにリフォーム会社に見てもらうことをおすすめします。

特にタイル張りの在来工法の浴室は築20年を過ぎると、土台や下地材の腐食が進んでいる可能性が高く、見た感じはキレイだからと安心はできません。浴室のリフォームは築20年までに行うことをオススメします。

洗面所は洗面ボールのひび割れ、ガラス・鏡等の破損、蛇口やパイプからの水漏れ、排水口の詰まりや臭いが気になるようになる築10年~20年がリフォームの目安です。

その頃になると水漏れの修理をしても不具合を繰り返す可能性が高くなるので、そろそろ替え時と思ってください。

トイレをリフォームする時期の目安

トイレのリフォーム時期は迷われる方が多いのですが、それは便器自体が割れなければ50年でも100年でも使用可能だからです。

ですが、トイレのタンクに使われている部品のパッキンや配管の耐用年数は約20年。その頃には便器自体も経年劣化で汚れやすくなり、キズや黒い輪のシミが気になり始めます。

それにトイレ内の壁紙などのシミや汚れも取れにくくなってきています。ですから、ほかの水回りのリフォームのタイミングに合わせてトイレのリフォームも行うケースが多いですね。

水回りのリフォーム時期を逃した場合のデメリットとは

水回りのリフォームの時期はキッチン・浴室・洗面所・トイレともに大体築15年~20年を目安に、設備や内装の劣化具合と暮らしの中で感じる不自由さを改善したい欲求が高まった時期に検討し、リフォームすることをオススメします。

しかし、「まだ壊れていないから大丈夫かな」と後回しにして、水回りリフォームのタイミングを逃してしまうとさまざまなデメリットがあります。

水回り設備は小さなひび割れを放置していると、水を吸い込んで建物内部の土台や下地材の腐食が進み、修復困難な状態になり工事費用が高額になるケースもあります。

それに、水漏れや故障などのトラブルが起こった場合はすぐに直さなければならないため、工事会社やリフォーム会社を比較検討する時間が短く、納得いくリフォームができない可能性も。

また、最新の水回りの設備は節水や節電などエコな設備が増えています。新しい設備と比べて古い設備のまままだと、光熱費が高くなってしまいます。

水回りを一度にリフォームする場合は設備費用が高額に感じられるかもしれませんが、費用を抑えるために、とりあえず洗面所だけ、キッチンだけと一部だけリフォームしたとしても、いずれはすべてリフォームすることになるので、かえって費用が高くなる結果に。

それに、水回りは関連する工事があるので、まとめて行うことで作業効率が上がり、費用を安く抑えることができます。

リフォームのタイミングが早すぎてももったいないですし、遅すぎると損が増えてしまうので、タイミングを逃さずまとめて水回りのリフォームを行うことが賢い選択です。

この記事を書いたプロ

豊田孝幸

豊田孝幸(とよだたかゆき)

豊田孝幸プロのその他のコンテンツ

Share

豊田孝幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-255-1313

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

豊田孝幸

E-LIFE合同会社

担当豊田孝幸(とよだたかゆき)

地図・アクセス

豊田孝幸プロのその他のコンテンツ