まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
豊田孝幸

お値打ちで質の高い施工をするリフォームのプロ

豊田孝幸(とよだたかゆき)

E-LIFE合同会社

コラム

これを知っておけば、安心して頼めるキッチンリフォーム!

キッチンのリフォームを検討することは一生のうちでそう何度もあることではありません。それにキッチンの種類やリフォーム会社によって値段も違ってきます。安心してキッチンリフォームできるように、費用の相場や注意するポイントなどをご紹介します。

キッチンリフォームの費用の相場について

キッチンのリフォームにかかる費用については安く抑えるなら30万円くらいから、少し良いものにする場合は150万、さらにこだわる場合は400万円くらいかかります。かなり費用に差がありますが、それはどの程度リフォームしたいのか、希望のキッチンの種類、製品のグレードによって大きく異なるからです。

ガスからIHコンロへ変更するだけなら約30万円くらいですみます。ですがシステムキッチンを入れ替えるとなると150万円くらい必要と考えた方がいいでしょう。

また、製品のグレードですがシンクの素材はステンレスが一般的なのですが、ハイグレードな物を選ぶと人造大理石や本物の大理石を使ったものになります。キャビネットも木製かステンレス製か、引き出しが静音レールかどうかなどで違いがあります。

キッチン設備のタイプについて I型、L型、ペニンシュラ型、アイランド型とは

キッチン設備にはさまざまなタイプがあるのですが、I型、L型、ペニンシュラ型、アイランド型があります。

Ⅰ型キッチンは、コンロからシンクまで横一直線に並んでいるキッチンのことです。壁に面して設置したり、キッチン前にカウンターをつけたセミオープン型にしたりできます。キッチンのスペースがコンパクトな間取りに対応しやすい設備です。

L型キッチンは、L字型に配置したキッチンのことです。I型より作業スペースがとりやすく、コーナーは家電スペースとして有効に使える設備です。

ペニンシュラ型キッチンは壁に片方がついたキッチンのことです。ペニンシュラとは半島という意味で、キッチン部分が半島のように壁にくっついた設備です。

アイランド型キッチンは島のように壁に接していないキッチンのことです。アイランドキッチンとよく呼ばれます。

キッチン設備のタイプ別のメリットとデメリットをチェック

Ⅰ型キッチンのメリットはキッチンの手元をダイニングやリビング側から隠すことができることです。手元のカウンターを高めに設置することで、生活感を隠すことができます。一番よく売れているためお手ごろ価格で商品も多いこともメリットです。

一方、デメリットはカウンターを設置することにより開放感が少なくなります。しかし、開放感があると油汚れなどが飛びやすくなるので、使い勝手か開放感かどちらを優先するかで選ぶとよいでしょう。

L型キッチンのメリットは作業スペースが広いことです。作業効率がよく料理をすることができます。料理好きな方や家族で一緒に料理をすることが多い方はL型キッチンをおすすめします。しかし、コーナー部分がデッドスペースとなるので、収納スペースが用意しにくいことがデメリットです。間取りによってダイニングやリビングが狭くなる可能性があるので、間取りとのバランスを注意してください。

ペニンシュラ型キッチンのメリットはコンロの横に壁を設置することが多く、アイランド型キッチンよりも匂いの拡散を防げ、脂はねなどの汚れが飛びにくいところです。開放感もあり作業スペースも広いこともメリットですね。ですが、手元が丸見えになるので、洗い物や調理道具がごちゃごちゃしていると生活感がまるだしになってしまうことがデメリットです。匂い対策も必要になります。

アイランド型キッチンのメリットは一番開放感があるキッチンということです。ダイニングテーブルへ最短距離で移動でき、料理を運ぶ時など機動性の高いキッチンです。各メーカーではアイランド型キッチンは上位グレードとして扱われているのでお洒落なタイプが多いのも特徴です。しかし、設置するために広いスペースが必要となることがデメリットでもあります。開放感があるかわりに、油はねや匂い対策を行わないといけません。ペニンシュラ型キッチンと同様にダイニングやリビングから丸見えですので、常にきれいにしておかないと生活感が丸出しになります。

キッチンを選ぶ場合は、憧れを実現することもいいのですが、生活スタイルや性格に応じて選ぶことを推奨しています。

キッチンをリフォームに当たって注意するべきポイントとは

キッチンのリフォームを成功させるために始めに行うべきことは、リフォームで実現したいことを整理することです。「安くすませたい」とは思っても、「すべて新しい設備に入れ替えたい」なら難しいですよね。「使い勝手をよくしたい」「間取りを見直したい」「収納を増やしたい」などさまざまな要望の中で優先順位をしっかり確認しましょう。

リフォーム会社に見積りをしてもらう場合にも、要望と優先順位を伝えることで、それに合わせた提案を行ってもらえます。

また、リフォーム後に失敗したと思わないように注意したいポイントがあります。例えば、食洗機や床下収納をつけたのにほとんど使わなかったり、ゴミ箱を置くスペースを考えていなかったり、それまで使っていた食器棚の使い勝手が悪くなったりなど、本当に必要な設備かどうか、リフォーム後の配置などしっかり考えることがポイントです。

ほかにも、「思ったより暗くなった」「キッチンの中が丸見えで片付けるのが大変になった」なども多いので、リフォーム後のキッチンの見え方をしっかり考えてからリフォームを行うようにしてください。

この記事を書いたプロ

豊田孝幸

豊田孝幸(とよだたかゆき)

豊田孝幸プロのその他のコンテンツ

Share

豊田孝幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-255-1313

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

豊田孝幸

E-LIFE合同会社

担当豊田孝幸(とよだたかゆき)

地図・アクセス

豊田孝幸プロのその他のコンテンツ