マイベストプロ岐阜

コラム

光と風が溢れる中庭のある家M邸がようやく完成!!

2016年11月16日 公開 / 2021年1月9日更新

コラムカテゴリ:住宅・建物

以前にも内部は紹介しましたが、
関の家M邸の外構工事が終わり、ようやく全ての工事が完了です。
中庭は木格子で囲われ、プライベートな空間として内部と一体となりより大きな広がりが生まれました。
ここから光や風がもたらされそこには居心地のいい安心感があります。
M邸リビング外への広がり

M邸中庭栗板のデッキ
外から段差0で入れるスロープがあり、雨の日は可動の庇がデッキの先端までカバーしてくれます。
デッキは栗板です。
M邸中庭

ファサード
右の3階建ては既設部分で1階、2階の壁面を改造して、全体を化粧しています。
M邸ファサード
エントランス
M邸エントランス
表札の陶板は秀峰窯、郵便受けは工房あー製作
M邸エントランス

☛ スロープへ続く通路の仕上げは滑らなく、それでいて深みのある質感で仕上げています。
M邸滑らない深みのある床材
関の家M邸の詳しい内容はこちら → http://www.atelier-ando.com/works/?id=1463030774-070719

どうでしたか?コメントがありましたらお寄せ下さい。

アンドウ設計事務所 https://atelier-ando.com/

この記事を書いたプロ

安藤孝彦

和と温もりを大切にする建築設計のプロ

安藤孝彦(アンドウ設計事務所)

Share

安藤孝彦プロのコンテンツ