まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
田口良成

わかりやすくお答えします「美術品の相談」のプロ

田口良成(たぐちよしなり)

美術品の相談室 田口美術

コラム

現代美術について

ギャラリー

2017年6月28日

今回は気合が入っています。
現在、世界で名の通った日本人作家を3人挙げるとすれば、奈良美智、村上隆、草間彌生でしょう。
30年前は多くの人が名前を知らなかったと思います。それが20年前頃から知名度が上がり、今ではとても気安くは手に入らない作家になってしまいました。
今では作品が数千万、版画でも数百万円する草間も20年前は小品なら10万円、版画なら1万円程度で手に入りました。
私も草間の版画は友達の結婚のお祝いにプレゼントしていて、当時20枚くらい持っていました。しかしながら当時は草間の作品は不評で代わりに菅井汲の版画やカシニョールのポスターとかを贈ってました。
私は美大だったせいもあり、草間彌生のことは学生のころから知っていたのですが、ご存じのようなファッションで昔から不気味でした。銀座ですれ違ったときのドキドキ感は、交番に貼ってある指名手配者と出会ったような感覚(向こうはしらないけどこっちは知っている。目はイッちゃってる、しかも大物)でした。好きか嫌いかでいえば以前は後者でしたが、おそらく30年位前のフジテレビジョンギャラリーの展覧会を見て「この作家いいな」と思いました。同時に「性表現が色濃く出ていたので作家の生きているうちは評価されにくい」とも思いました。
村上隆は25年くらい前に夏休みの小学校の教室(東京・永福町)を使った展覧会を主催していてすごい人だと思った。村上さんはミリタリーの作品が印象に残ってはいるがさほど感動しなかった。ただ、その企画は非常に面白くてこの人を応援しようとその後村上作品を市場で見つけると買っていました。
そんな作品も随分前に手放してしまいましたが、さすがにこんなにまで評価されることになるとは思いませんでした。

続く

この記事を書いたプロ

田口良成

田口良成(たぐちよしなり)

関連するコラム

田口良成プロのその他のコンテンツ

Share

田口良成プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-277-0285

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田口良成

美術品の相談室 田口美術

担当田口良成(たぐちよしなり)

地図・アクセス

田口良成プロのその他のコンテンツ