まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福島
添田善行

墓石の販売、基礎、メンテなど墓石に関するプロ

添田善行(そえたよしゆき)

石彩工房トライ

お電話での
お問い合わせ
024-983-3025

コラム

墓じまいのその先は?

墓じまい 改葬

2017年7月30日

 

お墓を処分してお骨はどこへ?

『墓じまい』一言に言っても、内容はご家族によって様々です。
 
・遠方でお墓参りができない。
・自分の代でお墓を守る人がいなくなってしまう。
・生きているうちにお墓を整理したい。

前回のコラム『墓じまい・改装』であるお客様のケースを載せましたが、今あるお墓を処分した後、お骨はどこに納めるのか?が疑問だと思います。
福島県内ではまだまだ墓じまいをされる方は少ないですが、首都圏で墓じまいをされた方のアンケート結果は以下のような結果が出ています。

『遺骨の行先』

1位 公営墓地への改葬(かいそう)  約30%
2位 公営墓地への合祀(ごうし)  約23%
3位 散骨(さんこつ)         約22%
4位 菩提寺で永代供養      約19%
5位 納骨堂(ロッカー式)       約 5%
6位 手元供養            約 1%
 
いずれの場合も「お墓の中身」を把握しておく事が大事です。
お墓に入っている骨壺の数や大きさ、経過年数、保存状態など
骨壺から空けて埋葬してある場合や土葬の場合もあります。
※土葬の場合は火葬処理をしなければなりません。
お墓の中の確認は石屋さんと一緒に確認するのが良いでしょう。
また、個別の名称などが分かれば過去帳やノートに書き留めておく事をお勧めします。
 

『墓じまい、でもお墓参りがしたい』

 お墓を建てる時もそうですが、一番多いトラブルは親戚同士の話し合いで、
「相談なしに勝手に決めてしまった。」ともめる場合が多いようです。
 
「墓じまい」が悪いわけではありません。
むしろ「墓じまい」をする方はご先祖様・家族を大切に考えていらっしゃる方です。
しかし、直系の家族ではなくとも、親戚や故人の友人もお墓参りをしている方もいらっしゃいます。
家族で話し合い、親戚も分かる範囲で意向を伝える事が大切だと思います。
 
お墓の形態はさまざまでも、ご先祖様や故人を「供養」する想いは普遍的です。


 

この記事を書いたプロ

添田善行

添田善行(そえたよしゆき)

関連するコラム

添田善行プロのその他のコンテンツ

Share

添田善行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-983-3025

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

添田善行

石彩工房トライ

担当添田善行(そえたよしゆき)

地図・アクセス

添田善行プロのその他のコンテンツ