マイベストプロ福島
  1. 私どもでは三大疾病とは「すべての悪性新生物(ガン)・心疾患・脳血管疾患」のことをいいますが!
有路高史

お客様の生涯に寄り添う商品を提案する保険・金融のプロ

有路高史(ありじたかし) / 保険代理店

SMILE AGAIN(スマイル アゲイン)

コラム

私どもでは三大疾病とは「すべての悪性新生物(ガン)・心疾患・脳血管疾患」のことをいいますが!

2020年9月2日

コラムカテゴリ:お金・保険




よく「三大疾病特約」を付加した生命保険の証券を目にすることがあります。
ただ、実際にどのようなときに適用になるかをご存じの方はあまりいらっしゃいません。
三大疾病とは日本人の死因が一番多い「悪性新生物(ガン)」と2番目に多い「心疾患」そして3番目の「脳血管疾患」のことをいいます。
ほとんどのお客さまが「ガンになったら」、「心筋梗塞になったら」、「脳梗塞になったら」という認識ですが、実際はちょっと違います。
この三大疾病特約が付加されているご契約の場合、三大疾病に罹患しただけではなく適用要件が該当すると一時金が給付されたり保険料が免除になったりするのですが、実際にどのようなときにこの三大疾病特約が適用になるかといえば、じつは保険会社さんによって適用要件がバラバラです。
なおかつ、私どもと代理店契約を結んでいただいている保険会社では三大疾病とはあくまで「すべての悪性新生物(ガン)・心疾患・脳血管疾患」のことを指しますが、ほかの保険会社さんを見ると三大疾病を「ガン・急性心筋梗塞・脳卒中」と表記しているところが多いです。
この違いは三大疾病の保障対象になる数の違いです。
それと保障対象の数だけではなく、私どもが取り扱っている「三大疾病特約」の適用要件とも大きく違うところがあります。
医学は常に日々進歩し「N-NOSE」や東芝「マイクロRNA検出」などのガン早期発見技術、心疾患・脳血管疾患に進行しやすいメカニズムが食生活や生活習慣だと解明されてはいても、もし罹患すれば膨大な時間を費やしながら高額な治療費を負担しながら、症状を改善していかねばならないのが三大疾病です。
なにより、ながらく日本人の死因上位三つを占める重篤な疾患でもあります。
ご加入中の生命保険にただ付加しているだけではなく、適用要件を知ることで「安心感」や「本当に必要な特約なのか?」などがハッキリ見えてくるはずです。
そして、これから生命保険をご検討いただくお客さまや生命保険の見直しをお考えのお客さまにも、保険料の違いだけではなく実際の保障内容の違いも「三大疾病特約」の場合、適用要件を確認すれば顕著に表れてきますのでわかりやすいと思います。
日本人の死因上位三つとなれば、逆に「この疾患にはなりたくない上位三つ」ともいえますし、もし診断を受けてしまったら今後の人生を左右しかねないことにもなりかねないので、「三大疾病特約」については各保険会社で適用要件がバラバラなところもありますので、しっかり適用要件を確認してみてください。
今は昔と違って各保険会社の約款を公式ホームページから見れますので、各保険会社による「三大疾病特約」の違いをすぐ確認できると思いますよ!

この記事を書いたプロ

有路高史

お客様の生涯に寄り添う商品を提案する保険・金融のプロ

有路高史(SMILE AGAIN(スマイル アゲイン))

Share

有路高史プロのコンテンツ