マイベストプロ福島
  1. 新型コロナがあろうがなかろうが、世の中は確実に変わっていきます!
有路高史

お客様の生涯に寄り添う商品を提案する保険・金融のプロ

有路高史(ありじたかし) / 保険代理店

SMILE AGAIN(スマイル アゲイン)

コラム

新型コロナがあろうがなかろうが、世の中は確実に変わっていきます!

2020年6月11日

コラムカテゴリ:くらし



新型コロナウイルスの収束にはまだほど遠いかもしれませんが、全国規模での重篤な感染拡大はなんとか抑え込んだともいえるのではないでしょうか。
それでもいまだ普段の日常が戻ってきたとも言えず、これから新型コロナとのいまのところ終わりの見えない消耗戦が本格的に始まった印象もあります。
そんななか国会会期中である日本では、新型コロナ対策だけではなくさまざまな法案が審議され成立、そして忘れたころに突然現実に直面するようなときがあります。
2020年5月29日、安倍政権最後の総仕上げである社会保障制度改革のひとつ「年金制度改革関連法案」が参議院本会議で賛成多数により可決、法案として成立しました。
新型コロナで疲弊した現状において「医療制度改革」が秋の国会へと先延ばしされましたので、「年金制度改革」も先延ばしされると思いきや、しっかりと成立さました。
今回の「年金制度改革」焦点とされたのが、パートさんなどの短時間労働者への厚生年金適用です。
いままでパートさんなどの短時間労働者の厚生年金適用には、従業員501人以上の企業で週20時間以上の勤務する方など適用要件が限られていましたが、2022年10月より従業員101人以上の企業も適用、2024年10月からは従業員51人以上の企業も適用と段階的に厚生年金への適用を拡大していきます。
将来の公的年金受給額を増やすこともありますが、厚生年金の加入者を拡大し公的年金制度の財源を少しでも多く確保するのがいちばんの狙いです。
このパートさんなどの短時間労働者への厚生年金適用、三者三様いろいろな声が聞こえてきそうですが、今後パートさんなどの短時間労働者の雇用形態にも変化が表れそうです。
そして雇用する企業への新たな人件費も発生してきました。
厚生年金保険料や健康保険料は雇用する企業側と働く従業員側で保険料を半分ずつ負担しあう仕組みです。
パートさんなどの短時間労働者の比率が高い企業にとっては、企業経営を圧迫しかねない大きな経費につながる恐れがあります。
「永田町の常識は世間の非常識」
いま世の中がどんな状況に置かれていても、あまりいい方向に変わることはないのは新型コロナが感染拡大する前も今もそしてこの先もそう変わりのないことだけお忘れなく。

この記事を書いたプロ

有路高史

お客様の生涯に寄り添う商品を提案する保険・金融のプロ

有路高史(SMILE AGAIN(スマイル アゲイン))

Share

有路高史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0246-38-5172

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

有路高史

SMILE AGAIN(スマイル アゲイン)

担当有路高史(ありじたかし)

地図・アクセス

有路高史プロのコンテンツ