マイベストプロ福島
  1. 「コロナなんかに負けてたまるか!」 頼もしきいわきのお客さまたち
有路高史

お客様の生涯に寄り添う商品を提案する保険・金融のプロ

有路高史(ありじたかし) / 保険代理店

SMILE AGAIN(スマイル アゲイン)

コラム

「コロナなんかに負けてたまるか!」 頼もしきいわきのお客さまたち

2020年5月1日

コラムカテゴリ:くらし

どんな状況であろうと、時の流れを止めることはできません。
それは新型コロナウイルスの感染拡大が猛威を振るう今の日本においても同様です。
こうしている間でも日常生活の時間は刻々と刻まれ、そして生きていかなくてはなりません。
政府や自治体の支援策がどうなろうとも。

かつて、私が住むいわき市の湯本町には「カレーライス」が有名なお店が2つありました。
ひとつは「レストラン ヤスヒロ」さんの「黒いカレー」です。
数々のテレビ局や雑誌の取材でも取り上げられた湯本でも有名なお店でした。
残念ながら4~5年前にお店を閉めてしまったので、もう「レストラン ヤスヒロ」のマスターが作る「黒いカレー」を口にすることはできません。
そしてもうひとつ、「レストラン ヤスヒロ」さんの「黒いカレー」と双璧をなしていたのが「玉半」さんの「黄色いカレー」です。



「玉半」さんは昔ながらの味を提供し続ける湯本でも老舗のお食事処です。
「レストラン ヤスヒロ」さんのように幾多のテレビ局や雑誌の取材依頼がくるとお聞きしましたが、一切お断りしているようです。
「玉半」さんの「黄色いカレー」は2代目に継承され今でも食べることができます。
メニューはもちろんカレーばかりではありませんが、私自身ときどき「玉半」さんの「黄色いカレー」が無性に食べたくなるときがあります。
ということで今回も久しぶりに寄ってみたところ、なぜか暖簾が出ていません。
「あれ、閉まってる?」
車を止めて失礼ながら恐る恐る店内をのぞき込んでみると、店主さんがいらっしゃいました。
「どうしたんですか?」
事情をお聞きすると、暖簾を出してお店を開けているとお客さまが食べに来てあっという間に「密集・密閉・密接」状態になってしまうので、当面お店での食事の提供は控えテイクアウトをメインで営業していくとのこと。
さすが湯本の人気店といいたいところですが、「密集・密閉・密接環境を極力避けてください」との勧告が出ているときに、お店側が自ら「密集・密閉・密接」状態を作ってしまうわけにもいかず、かと言って収入面も考えて営業しないわけにもいかないので、臨時的にテイクアウト専門にシフトしてこの逆境に立ち向かいます。



そう、もう首都圏や大阪、福岡などの大都市での話ではありません。
いわきでも日常生活のなかに、新型コロナウイルスへの感染の恐怖が忍び込んでいます。
そして、今がどんな時でもどんな状況でも生きていかなくてはいけません。

「コロナなんかに負けてたまるか!」
声には出しませんが、「玉半」さんの意気込みを感じた気がしました。

私ども生命保険代理店 SMILE AGAIN も、私の言葉を信じていただいたお客さまのためにも、こんなところでコロナに負けているわけにはいきません。
お客さまに勇気を頂きながら、「お客様の笑顔のために」ご案内していきたいと思っております。
「医療保険、38歳男性なら月々いくら?」や「がん保険って26歳女性なら月々いくらからあるの?」など、ちょっとしたお問い合わせでもかまいません。
もちろんお電話やメールでも大丈夫です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

もう長いお休みに入られた方もいらっしゃるとは思いますが、こんな状況だからこそ、今お持ちの保障内容あるいは生命保険のこと、しっかりと見つめ直す良い機会かもしれませんよ。

この記事を書いたプロ

有路高史

お客様の生涯に寄り添う商品を提案する保険・金融のプロ

有路高史(SMILE AGAIN(スマイル アゲイン))

Share

有路高史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0246-38-5172

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

有路高史

SMILE AGAIN(スマイル アゲイン)

担当有路高史(ありじたかし)

地図・アクセス

有路高史プロのコンテンツ